中央クリニック公式サイトhome  >  診療ガイド  >  シワ・たるみ治療  >  こめかみリフト

こめかみリフト

1968-catch

こめかみリフトとは

こめかみ近くの生え際にメスを入れ、目の周りの筋膜と皮膚をピンと引き上げる施術をこめかみリフトと言います。

こめかみリフトは目周りの筋肉と皮膚を直接引き上げる施術なので、目元のたるみや眉付近のもたつき、おでこの深い皺が改善され若々しい印象を実現させることが出来る治療法です。

また、たるみが改善される事によって目のくぼみ、脂肪の膨らみが無くなる上、こめかみを引き揚げると頬もアップします。その為こめかみリフトは目元のたるみを劇的に改善するだけで無く、頬の位置アップまで期待出来る、顔の印象が一気に若返る施術なのです。

通常のフェイスリフト施術では耳付近の皮膚と筋肉を斜め上に引き上げるので、もみあげが上に移動してしまいます。この状態で再度フェイスリフトを受けるともみあげの位置が不自然になってしまいますが、こめかみリフトの切開箇所はこめかみ付近なのでもみあげの位置は変わりません。よって以前フェイスリフトを受けた方が、再度受けるフェイスリフトとしても人気があります。

1こめかみリフト施術流れ

  • 1、医師が患者様を診察し、骨格、肉付き、皮膚の状態をチェックします。そして患者様の希望を考慮して、引き上げ力を決定します。
  • 2、施術部位を消毒した後、切開箇所にマーキングを行います。
  • 3、局所麻酔(痛みに弱い患者様は静脈麻酔も可能です)を行い、麻酔が効いている事を確認したら施術スタートです。
  • 4、こめかみ付近の生え際にメスを入れ、骨から皮膚と筋肉を剥離します。
  • 5、剥離した筋肉を斜め上に引き上げ固定した後、引き上げた筋肉に沿って皮膚も引き上げます。
  • 6、切開箇所を丁寧に縫合した後、余分な皮膚を除去して終了です。

施術時間は1~2時間程、当日帰宅は可能ですが術後数日は圧迫固定が必要です。

2こめかみリフトがおすすめの方

こめかみリフトはダウンタイムを要する施術なので、ダウンタイムがあっても目元、眉上、頬のたるみを確実に解消したい方に適しています。また、切開箇所がこめかみなので、以前フェイスリフトを受けてもみあげが上がっている方にもおすすめです。

3こめかみリフトの副作用•リスク

・腫れ(5日程)
・内出血(1〜2週間程)
・赤み など

※シャワー・洗顔は3日後から可能です。(患部を濡らさなければ当日から可能です。)
※入浴は抜糸が終わった翌日(8日後頃)から可能です。
※メイクは抜糸が終わった翌日(8日後頃)から可能です。(患部を避ければ当日から可能です。)

【治療が受けられない方】
・自己免疫疾患の方
・血液疾患の方
・アレルギー体質の方
・妊娠中の方、妊娠の可能性がある方

おすすめメニュー recommend menu

全国の中央クリニック list of clinic

中央クリニックは全国17院。
美容外科治療には確かな医療技術が求められます。
中央クリニックでは、高い技術力、豊富な経験・実績のある、
選ばれたドクターのみが治療を行ないます。

中央クリニックメンズサイト

中央クリニック for Men 手に入れろ、男前力

ご予約・お問い合わせお待ちしております!

0120-472-331

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院