中央クリニックの
シミ・そばかす・肝斑・美肌
治療

kv

シミ・そばかす・肝斑・美肌治療について About the treatment

「シミができた…とりあえず、市販の塗り薬を塗っておこう」 その“とりあえず”の処置で大丈夫でしょうか?もし間違ったセルフケアをしていると、かえって症状が悪化してしまうことも。

「これって、本当にシミ?」
「そもそもシミ治療って何をするの?」

単純なようでそうではない、シミやそばかす治療。
“たかが”シミではなく、“されど”シミだということを知っているからこそ、私達中央クリニックは、シミ・そばかす・肝斑・美肌治療の必要性を主張し続けます。

シミ・そばかす・肝斑・美肌治療なら、中央クリニックにお気軽にご相談ください。

 中央クリニックのシミ・そばかす・肝斑・美肌治療は
こんな方にオススメ 

  • シミ・そばかすが増えてきたと感じる方
  • 色素沈着・くすみ・肝斑が気になる方
  • シミを隠そうとして厚塗りメイクになる方
  • そもそも皮膚機能が衰えているからシミができた方

悩みの種は、シミ?そばかす? Seed of trouble

お顔にできる悩みの種として、その1、2を争う「シミ」「そばかす」問題。あなたは、「仕方がないもの」「メイクで隠せばいいかな?」と諦めることはできますか?恐らく、多くの方の答えはNO。

突如お顔に現れた肌トラブル。常に美しくいるためにも、できるだけ早く解決したいですよね。では、そもそも「シミ」「そばかす」って何者なのでしょうか?

『シミ』とは

シミの正体を一言で表すならば、「メラニン色素の色素沈着」です。紫外線や活性酸素などの刺激からお肌を守るため、表皮にあるメラノサイトが“メラニン色素”を生成します。

こうして作られたメラニン色素は、約28日周期ではたらくターンオーバー(お肌の新陳代謝)によって、皮膚から押し出されるのが通常の流れではありますが、メラニン色素が過剰に生成されると、ターンオーバーでは手に負えません。

するとお肌の内部にはメラニン色素が残り、それが「シミ」となるのです。

『そばかす』とは

シミと同じように、お肌の表皮内にメラニンが蓄積することでできるのが「そばかす」です。これはただ紫外線が影響しているだけではなく、遺伝性の“紫外線の影響を受けやすい体質”が影響しているケースが多い症状です。

そのため、幼少期からそばかすとの付き合いが続き、思春期に濃く現れたそばかすに悩まされた方も少なくはないことでしょう。

とはいえ結局のところ、「シミ」「そばかす」のどちらも、その正体は「メラニン色素の沈着」。メラニン色素さえ排出できれば、対策は同じなのでは?と思われますが、原因が同じであっても原因が同じであっても、その正体はやはり別物です。むしろ、単純に「シミ」「そばかす」という名称だけでは分けられないほど、実は「シミ」には種類と異なるそれぞれの対処法があります。

例えば、「シミには、これが効くんだって!」とお友達にある対策を勧められたとします。でも、あなたのお顔にあるシミと、お隣の方のお顔にあるシミが同じ正体とは限りません。なかには、放っておくとどんどん広がっていくシミ、悪化するシミももちろんあります。

シミ・そばかすの種類と原因 Type and causes of trouble

シミの見分けは、正直医師でも判断が難しいものです。そのため、セルフチェックはあくまでもご参考程度にしてください。

また、実際には症状に合わせて、医師が適切な治療法をお勧めいたしますので、下記のオススメの治療法と異なる場合もございます。シミの種類・適正な治療方法は、必ず医師の診断に従ってください。

日光性色素斑(老人性色素斑)

シミの中で最も身近なケースが、「日光性色素斑(老人性色素斑)」です。主に紫外線と加齢が影響しています。

先ほどもお話したように、紫外線による刺激で、過剰に作られたメラニン色素をターンオーバーの働きでは排出しきれなかった結果が、まさにこのタイプです。また、加齢によりターンオーバーが正常に働かず、皮膚が老化していくことも原因の一つと言えます。

ここをチェック!~セルフチェックポイント~

  • 茶褐色(※薄いもの・濃いもの、それぞれにあります)
  • 5㎜~1㎝ほどの大きさ
  • 日焼けしやすい部位「お顔」・「腕」・「手の甲」・「デコルテ」にできやすい
  • 肌との境界線は、比較的はっきりしている

対策

メラニンをしっかり取り除くことです。特に、セルフケアではなかなか改善が見込めないため、適切な診断の元での治療が重要となります。そして、さらにシミを広げないように、紫外線予防をしっかり行うことも大切です。

オススメの治療方法

肝斑

「肝斑」は、女性ホルモンの乱れが原因となり発症します。「シミだと思っていたら肝斑だった」というケースも珍しくもありませんが、一般的な「シミ」とはメカニズムが異なるため、紫外線対策や美白ケアなどでは、明確な効果が望めません。

もし、シミとしてセルフケアを行ってもなかなか改善されない場合には、肝斑を疑ってみてください。

ここをチェック!~セルフチェックポイント~

  • やや赤みを帯びた黄褐色
  • 三日月型 もしくは 目尻に小さく
  • 頬の高い位置にできる
  • 輪郭ははっきりしていない
  • 左右対称

対策

メラニン色素の抑制や、減少を促すことが大切です。しかし、日光性色素斑(老人性色素斑)に有効なレーザー治療を行うと、逆に悪化してしまう可能性もあります。また、メイク・洗顔・マッサージなどの摩擦による刺激で、悪化することもあるので注意が必要です。

オススメの治療方法

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

「ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)」は、頬に発症する特徴から肝斑と間違われやすい症状です。ただし、肝斑をはじめ一般的なシミのように色素細胞が表皮に存在するのではなく、さらに肌の奥深く、真皮層に色素が溜まっています。

つまり、肝斑とは全くの別物で、当然ながら同じアプローチでの改善は見込めません。

ここをチェック!~セルフチェックポイント~

  • メラニン色素の位置(深さ)によって色が異なる
  • 症状が悪化するごとに色が濃くなる(茶褐色⇒灰色⇒青など)
  • 左右の頬の上部にできる
  • 大きさは2mmほど

対策

まずは、肝斑など他のシミとの見分けをしっかり行うことが大事。そのためには、豊富な経験と知識を持った医師の診断が必要です。

オススメの治療方法

そばかす

「そばかす」は、遺伝性や紫外線の影響により、幼少期から思春期にかけて発症します。しかし、ターンオーバーの乱れや紫外線の大量摂取が原因となり、成人してからもそばかすに悩まされる場合もあります。

ここをチェック!~セルフチェックポイント~

  • 目の下(顔の中央部)や、鼻の根元付近にできる
  • 左右対称の場合が多い
  • 1~4mmの小斑状(大きさは比較的均等)
  • 明るい黄褐色
  • 顔だけではなく、手や背中など身体にできることもある

対策

思春期に悩まされるそばかすも、大人になると徐々にその色が薄くなってくるでしょう。ただし、紫外線を浴び過ぎるとメラニン色素が皮膚内に残り続け、そばかすの色が濃くなることも大いに考えられます。

オススメの治療方法

くすみ

お肌のくすみの原因は、いくつか挙げることができます。例えば、ターンオーバーの乱れや、メラニン色素の増殖に伴うくすみなどです。

あらゆる要因によりお肌が正常な働きを失い、衰えたターンオーバーの力では排出できなかった古い角質が皮膚内部に存在することでお肌をくすませています。

ここをチェック!~セルフチェックポイント~

  • 肌表面がごわごわしている
  • 乾燥肌
  • 黄色や茶色にくすんでいる部分がある

対策

くすみがあるお肌は、乾燥肌やターンオーバーの乱れなど、お肌の美肌力が衰えている状態です。つまりさらに新たなシミもできやすい環境にあるので、お肌がくすんでいる場合には早めの治療をお勧めいたします。

オススメの治療方法

炎症後・治療後の色素沈着

人には自己治癒力が備わっているため、本来やけど・ニキビ・虫刺され・切り傷などあらゆる要素による炎症跡は、自然と薄くなっていきます。しかし、加齢と共にターンオーバー(肌の新陳代謝)が乱れると、こうした炎症跡の色素が排出されず、色素沈着してしまうのです。
また、レーザー治療後に色素沈着が再発するケースも考えられます。

ここをチェック!~セルフチェックポイント~

  • 炎症跡が、褐色のシミになっている

対策

色素沈着を防ぐためには、炎症後の正しい処置が重要となります。さらに、誤ったスキンケアも色素沈着の悪化を招いてしまうので注意しましょう。

ただし、炎症跡の色素沈着は、通常であれば時間が経過するごとに薄れていきます。しかしながら、もし自然と薄れずシミのような状態になったらば、速やかに治療を開始することをお勧めいたします。

オススメの治療方法

ホクロとシミの違い

紫外線や刺激などシミとホクロの原因はほぼ同じですが、発生する場所やメカニズムが異なります。シミはメラニン色素が肌の内部に蓄積されている状態ですが、ホクロはメラニン色素をつくる細胞そのものが増殖している状態です。シミは肌の表皮層にできますが、ホクロはより深層に存在します。ホクロの多くは良性腫瘍なので人体に害はありませんが、まれに悪性の皮膚がんのことがあります。専門の医師ならすぐに判断できますので、気になる場合は相談してください。

シミ種類別の治療効果の比較 Comparison of treatment contents

Qスイッチ
レーザー
フォト
治療
レーザー
トーニング
炭酸ガス
レーザー
ピーリング イオン導入 トレチノイン
ハイドロキノン
トラネキサム酸
シナール内服
老人性色素斑
脂漏性角化症
肝斑
雀卵斑
ADM太田母斑
PIH

シミ・そばかすの原因 Causes of trouble

シミ・そばかすが生まれる原因はさまざま。原因を知り、適切な治療をする事が重要です。シミ・そばかすができる代表的な要因として8つご紹介します。

紫外線・日焼け

あらゆる種類のシミ・そばかすを発生・悪化させる要因が紫外線。肌に紫外線を浴びると、表皮の一番下にある「メラノサイト」が刺激され、シミのもとであるメラニン色素を発生させてしまいます。若い人、新陳代謝が活発な人であればメラニン色素は排出され皮膚からはがれ落ちますが、そうでない人は肌表面に残ったままとなり、色素沈着を起こしてシミになってしまいます。

また、一度に多くの紫外線を浴びて日焼けすると、通常のターンオーバーで排出しきれない大量のメラニン色素が発生するので、新陳代謝が問題ない人でもシミができやすくなります。

またそばかすも紫外線の影響を受けます。紫外線の強い夏はそばかすが濃くなり、逆に弱まる冬は薄くなる傾向があります。

ストレス

強いストレスも美肌の大敵。脳下垂体から分泌されるメラノサイト刺激ホルモンは、ストレスによって分泌が左右されると言われています。ストレスを感じやすい、イライラしやすい人はシミができやすい状態です。上手なストレス解消法を見つけるのも、シミ対策のひとつでしょう。

ホルモンバランス

女性ホルモンはメラニン色素の生成に影響を与えます。黄体ホルモンがメラノサイトを刺激して、メラニンを増加させてしまうのです。
特に女性ホルモンのバランスが大きく変化するのは、妊娠中。メラニンが増加し、シミが増えたりそばかすが濃くなったりする時期です。妊娠中はとりわけ紫外線対策を怠らないことが大事です。

間違ったスキンケア

肌のために良かれと思って行っていたことが、実は肌トラブルを促進する原因になることもあります。肌に不要な刺激を与えてしまうと、肌表面が傷つき、正常なターンオーバーが行われなくなってしまうからです。
たとえばクレンジングのときにゴシゴシこすって落とす、洗顔に熱すぎる温度のお湯を使う、化粧品や乳液を強い力で塗り込むなどの行為は、肌への負担が増やし、結果的にシミやそばかすができやすい状態を作ることになります。
特に、乾燥状態の肌はメラニン色素が沈着しやすくします。過剰に汚れを落とすクレンジングや洗顔は肌が乾燥してしまうので避けたいところ。
また強い日焼けは、紫外線と、焼けたことによる肌の乾燥、ダブルでダメージを負います。きわめてデリケートな状態ですから、日焼けした場合は念入りにケアを行いましょう。

生活習慣

日々のちょっとした不摂生が、シミ・そばかすを引き起こすことがあります。
たとえば睡眠不足。就寝中も代謝が行われています。睡眠不足の状態だと肌のターンオーバーが停滞するので、肌にメラニン色素が残ってシミが生まれやすくなります。また、喫煙もシミを生みやすい習慣のひとつ。メラニン色素を抑えてくれるビタミンCがタバコを吸うことで減らされてしまうため、結果的にターンオーバーが衰え、シミができやすくなります。

食生活

日々の食生活の乱れも肌状態を悪化させます。
栄養バランスが偏り、特にメラニン色素の生成を抑えるビタミンCが欠乏すると、シミ・そばかすが生まれやすくなります。また食べ過ぎや夜中の飲食などは身体の新陳代謝を妨げてしまうため、結果的に肌のターンオーバーも乱してしまいます。
さらに、カフェインなどの刺激物をよく摂取している人も注意が必要です。カフェインなど神経を刺激する食品は、メラニン色素を増加させる原因となるからです。

炎症

ニキビやヤケド、湿疹などの炎症がきっかけとなってシミが生まれることがあります。炎症により肌がダメージを受けると、治癒の過程でメラノサイトが活性化してしまい、結果メラニン色素が生成されて色素沈着を起こしてしまうのです。
肌荒れやケガなど分かりやすい状態でなくても、目には見えない小さなキズがきっかけでシミが現れるケースもあります。

遺伝

これは特にそばかすにおける特徴です。幼いころから症状が現れるケースは、先天的な体質によるものが大きいとされています。しかし上記で挙げた別の理由で後天的に悪化することもあるため、先天的なものとあきらめずにケアすることも必要です。

中央クリニックのシミ・そばかす・肝斑・美肌治療の特徴 Chuoh clinic features

院長による丁寧な診断で、
お悩みに合った治療法をご提案

中央クリニックでは、豊富な専門知識を持った院長自らが、シミのタイプや状況をしっかり診断することを重要視しています。その理由は、症状に合わない治療では最悪の場合かえって症状が悪化する可能性もあるからです。

例えば、シミの中にはレーザーを当てることで一時的に色が濃くなったり、逆によりシミが濃くなってしまうものもあります。そのため、これまでの実績・経験からシミの種類を見分け、当てるレーザーや必要な治療を症状に合わせて見極めることが重要となるのです。

優れた機能を持つ医療機器完備

「治療法の選択の幅が狭いと、効果も心配…」
だからこそ中央クリニックグループでは、あらゆる治療法に対応できるよう、医療レーザーをはじめとしたさまざまな最新鋭の医療器械を複数完備しております。

いずれも、中央クリニックの医師・看護師が厳選した、自信を持って治療に取り組める治療機器ばかりです。また導入に至っては、セミナーや勉強会などへの積極参加で、すべてのスタッフがしっかりと研修を受けた上で施術を行っていますのでご安心ください。

万が一の肌トラブルにも、
美容クリニックならではのしっかりした対応

お肌の状態や体質はお一人お一人異なります。そのため、治療中・治療後に肌トラブルが生じてしまう可能性も0ではないと言えるでしょう。しかし、ここはお肌のスペシャリスト美容クリニックです。万が一の肌トラブルにも、しっかりと対応させていただきます。気になる点があれば、いつでもご遠慮なくご相談くださいませ。もちろんすべての疑問・ご不安に対し、丁寧にご回答いたします。

シミ・そばかすをなくすには To eliminate stains

シミの治療には主に、「できてしまったシミそのものをとる治療法」と 「ターンオーバーを促す治療法」があります。

シミ・そばかす・肝斑・美肌治療の施術一覧 Treatment list

レーザー

IPL(光照射)

イオン導入

内服薬

外用薬

注入・注射

その他

全国の中央クリニック list of clinic

中央クリニックは全国18院。
美容外科治療には確かな医療技術が求められます。
中央クリニックでは、高い技術力、豊富な経験・実績のある、
選ばれたドクターのみが治療を行ないます。

中央クリニックメンズサイト

中央クリニック for Men 手に入れろ、男前力

ご予約・お問い合わせお待ちしております!

0120-472-331

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院