シミ・そばかす・肝斑・美肌治療の
よくあるご質問

Frequently Asked Questions

シミ・そばかす・肝斑・美肌治療全般について Question heading

肝斑の治療はレーザー治療で悪化することがあると聞き、不安です。

熱エネルギーが高すぎる従来のレーザー治療では、肝斑が濃くなってしまうケースもありました。一方、照射レベルが弱すぎても、効果が得られないという課題も抱えてきたのです。
しかし、現在では真皮層のメラニン色素まで届く波長を低出力で照射するレーザートーニングが登場し、肝斑を悪化させることなく、改善できるようになりました。またレーザー治療が不安な方は、トラネキサム酸のイオン導入や内服薬での治療をご提案しています。

背中やデコルテなどのシミやニキビ跡の治療もできますか?

中央クリニックでは、顔だけでなく、体のシミ・ニキビ跡の治療も行っています。またピーリングやハイドロキノン外用薬など、他の治療と組み合わせることで、さらに高い効果が期待できます。

シミの治療を考えていますが、仕事が休めないので、ダウンタイムが長いものやテープを貼って過ごすものはできません。どんな治療が可能ですか?

ダウンタイムがほぼない治療としては、顔全体に低出力の照射をしてトラブルを改善するフォトフェイシャル、ライムライト、フォトRFなどがお勧めです。ただしいずれも、施術後にしっかりと紫外線防止ケアをしていただくことで、高い効果をもたらします。

妊娠中ですが、シミの治療はできますか?

レーザーや光治療が母体や胎児に影響を及ぼすという報告はありませんが、妊娠中は黄体ホルモンが増えるタイミングであるため、シミが濃くなることも考えられます。そのため出産後、体調が落ち着いてから治療開始することをお勧めします。

シミはレーザーで治療すれば1回で取れますか?

1回で取れるシミもありますが、肝斑やADMなど皮膚の深い層にメラニン色素が蓄積されている場合、数回治療が必要な場合もあります。お肌の状態を見て、どのくらいの回数が必要か判断できますので、カウンセリングにてご相談ください。

顔全体のくすみとところどころにある小さいシミが気になります。どんな治療がお勧めですか?

くすみや小さなシミには、広範囲に作用するフォトフェイシャルやフォトRFがおすすめです。肌全体のトーンを明るくし、ハリやツヤを改善する効果がもたらされます。

レーザーの治療で痕が残ることはありませんか?

レーザーの光は、シミやそばかすなどの原因となるメラニン色素へピンポイントに作用します。そのため、レーザー治療によって、周辺組織に影響が及ぶことはなく、傷が残る心配もありません。 また、よりキレイな状態に治すためには、「かさぶたを無理に剥がさない」、「紫外線に当たらない」といった点に注意することが大切です。この点も、カウンセリング時にしっかりとご説明させていただきますので、ご安心ください。

市販の美白化粧品には満足できないのですが、クリニックで効果のある美白剤は処方していただけますか?

中央クリニックでは、ハイドロキノンやルミキシルといった美白剤を処方するも可能です。そのほか、症状に合わせて、ハイクオリティビタミンCやシナール、トラネキサム酸の内服薬なども処方いたしますので、まずはお悩みの症状について詳しくお聞かせください。

広範囲に広がっているそばかすの治療を考えていますが、術後、テープを貼ったるなどの必要はあるのでしょうか。

そばかすの治療に用いるフォトRFやライムライトの治療後は、医療テープでの保護は不要です。ただし、紫外線はきちんと防いでいただく必要がございます。

イオン導入について Question heading

イオン導入は1回につき、1種類の成分しか使用できないのでしょうか。

イオン導入は、お悩みに合った複数の成分をブレンドして、肌に導入することができます。シミであれば、高濃度ビタミンCやプラセンタ、肝斑ならトラネキサム酸、開いた毛穴が気になる方はグリシルグリシンなど、適切な成分を組み合わせることで高い美肌効果を実感していただけることでしょう。

全国の中央クリニック list of clinic

中央クリニックは全国18院。
美容外科治療には確かな医療技術が求められます。
中央クリニックでは、高い技術力、豊富な経験・実績のある、
選ばれたドクターのみが治療を行ないます。

中央クリニックメンズサイト

中央クリニック for Men 手に入れろ、男前力

ご予約・お問い合わせお待ちしております!

0120-472-331

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院