中央クリニックの
シミ・そばかす治療(できてしまった
シミ・そばかすの治療法)

kv

シミ・そばかすをなくすには About the treatment

シミの治療には主に、「できてしまったシミそのものをとる治療法」と「ターンオーバーを促す治療法」があります。
「できてしまったシミへの治療法」は、シミ・そばかすを根本から排出する光治療やレーザー治療が用いられます。

シミ・そばかす治療の基本 Basics of treatment

シミ・そばかす治療は光エネルギーを利用して治療をしていきます。光エネルギーは黒・赤といった色素に吸収される特性があります。例えば黒いメラニンに吸収された光エネルギーは熱エネルギーに変化し、メラニンを分解します。細かく分解されたメラニンは体内に取り込まれて分解されるか、肌の表面に浮き上がって数日後にはかさぶたのように剥がれ落ちます。これを繰り返し、メラニンを除去していきます。これがシミ・そばかす治療の基本です。
光は波長によって様々な種類がありますが、光治療では複数の異なる波長が混ざった光を使用し、レーザー治療では一つの波長を使用し治療を行います。それぞれメリット、デメリットがあります。

シミ・そばかすの光治療とは

光治療では複数の波長を顔全体にフラッシュを浴びせるように照射し、シミ・そばかす・ニキビ跡・赤み・ハリ・小じわ等を同時に改善することができます。主に肌の浅い層に働きかけ、薄いシミに効果を発揮し、顔全体のトーンを明るくできるのが光治療のメリットです。パルス幅(照射時間)も比較的長めで、効果が穏やかでダウンタイムもほとんど無い代わりに、濃いシミなどには不向きです。

シミ・そばかすのレーザー治療とは

レーザー治療では1つの波長のみスポット的に照射をします。光治療とは異なり、シミの色や存在する場所により、それぞれに合った波長を選んで照射することができます。レーザーは皮膚の浅い層から深い層まで届けることができるので、皮膚の深いところにある真皮層のコラーゲンを活性化し肌のハリやターンオーバーを促す治療にも活躍します。またパルス幅が短いレーザーでは、熱の広がりが少なく、正常な皮膚組織を傷つけることなく、深いシミや大きなアザなどを狙い撃ちできます。

当院ではお客さまのお悩み、お肌の状態、治療スケジュールなどをご相談しながら、最適な治療方法をご提案させていただきます。

レーザー治療と光(IPL)治療の違い Treatment differences

近年では、シミやそばかす、ニキビやシワなどさまざまな肌トラブルを治療する医療マシンが数多くありますが、実際のところ、その違いについて「よくわからない」という方も、多いのではないでしょうか?
今回はその中でも間違えられやすい「レーザー治療」と「光(IPL)治療」の違いを、中央クリニックが徹底解説いたします。 「どちらがお肌に優しいの?」「どちらがシミへのピンポイントな効果があるの?」「そばかすとたるみに効果的な医療機器は?」「どんな医療機器を使って施術するの?」など、多くの方が感じる疑問を解決していきます。

「レーザー治療」と「光(IPL)治療」の
大きな違いとは

波長(光の長さ)とパルス幅(レーザー光の照射時間)に違いがあります。治療ができるシミ・そばかすの種類やダウンタイムなどが、この2つの違いによっても異なってきます。

波長の違いとは

単一波長「レーザー治療」・幅広い波長域「光(IPL)治療」

レーザー治療では1つの波長を使いますが、光(IPL)治療では複数の波長を使ってシミを消します。では、それぞれにはどのような特徴と、メリット・デメリットがあるのか、詳しくご説明いたしましょう。

波長とは

「波長」とは、レーザーを照射した際に肌へ届く「光の長さ」のことを指します。短いものは皮膚の表面に、長いものは皮膚の深層にまで届きます。レーザー治療・光(IPL)治療では、波長の違いを利用して、適切な治療法を選び、お客様のシミを消していきます。

色素に反応する『レーザー』の波長

レーザー治療の多くは、単一波長を用いて行われることがほとんどです。 太陽光や照明など、日常で見かける多くの光は複数色使っているのですが、一方で「単一波長」とは1色しか使われていない光のことを言います。
しかし波長には、「メラニンなどの黒い色素に反応する波長」と「毛細血管などの赤い色素に反応する波長」があるため、シミ治療ではこれらを効果的に使い分けることが重要です。

そのため中央クリニックでは、患者様 のシミタイプによって波長を使い分け、レーザーが届く場所を変えることで適切な治療を行っています。

またレーザーの波長を変えることで、毛穴やたるみなどのお悩みにも対応できるようになります。つまりレーザー治療は波長を変えるだけで、シミはもちろん、あらゆる肌のトラブルにアプローチができるというわけなのです。

肌へのダメージを分散する『光(IPL)』の波長

光(IPL)治療では複数の波長が含まれている光を使うため、レーザーとは違った特徴があります。

例えば、光(IPL)の場合、お肌の広い範囲に照射するため、照射されたエネルギーが分散されるというのも特徴の一つです。また光治療は、表皮の浅いところにアプローチする特性を持っているため、薄いシミに対して効果を発揮するとされています。そのため、薄いシミやそばかすなど、肌の浅いところが原因の悩みに対して効果が期待できるのが、光(IPL)治療の魅力だと言えるでしょう。

ただし、レーザー治療の照射が”狭く深く”届くのに対して、光治療では”広く浅く”照射光が届くため、濃いシミや毛穴、たるみなどの肌の深い部分が原因の悩みにはあまり効果が期待できません。

パルス幅の違いとは

パルス幅が短い「レーザー治療」・
パルス幅が長い「光(IPL)治療」

レーザー治療と光(IPL)治療は波長だけではなく、パルス幅も異なります。ではパルス幅が違うと、治療にどのような影響が出るのでしょうか。そもそもパルス幅とはどのようなものなのかも含め、詳しく解説していきます。

パルス幅とは

「パルス幅」とは、レーザー光の照射時間のことを指します。時間は0.1秒だったり、1000万分の1秒だったりとさまざまですが、レーザー治療ではパルス幅が短いほど「威力が強い」「熱が広がりづらい」といった特徴が表れるのです。

深くピンポイントに作用!
『レーザー治療』のパルス幅

レーザー治療のパルス幅は、レーザー器具や設定によって異なりますが、「10億分の1秒」など、かなり短い時間でレーザーを照射できるものがほとんどです。 またお一人おひとりに異なる シミの状態に合わせてナノ秒でパルス幅を調節するので、大きいシミや濃いシミを狙い撃ちできる点も注目すべき特徴と言えるでしょう。

しかし、そもそものところ、ご自身のシミが、レーザー治療に適した「濃いシミ」なのか、光治療に適した「薄いシミ」なのか、自己判断は難しいことと思います。だからこそまずは、医師とのカウンセリングが重要に。肌状態を確認した上で、あなたに合った治療法を考えていきましょう。

熱をじわじわ伝える!
『光(IPL)治療』のパルス幅

光(IPL)治療のパルス幅はレーザー治療より長く、ナノより大きいミリ単位で調節します。ただし光(IPL)治療は、熱が広がりやすく照射パワーも弱い特徴を持っているため、浅いシミに対しては効果が期待できることでしょう。

ただし光治療は照射パワーが弱い分、濃いシミや大きいシミには効果を示さないこともあるので、光治療が適した症状なのか、見極めが大変重要となります。

レーザー治療の医療マシン

QスイッチYAGレーザー

「QスイッチYAGレーザー」は2種類のレーザー照射が可能です。浅いターゲットに対して効率よく作用する532nmの波長は、メラニン色素への吸収が非常に高く、しみ、そばかすを改善します。1064nmの長い波長はメラニン色素に穏やかに吸収され、深い層にも到達。肝斑やADMなどの根深いシミの治療にも使用されます。
シミだけに反応するレーザーを、安全に強いエネルギーで照射することができ、シミのない正常な細胞には反応しませんので、効果的なシミ・そばかす治療が可能です。

レーザートーニング

これまで肝斑には、刺激の強いレーザー治療はNGとされてきましたが、「レーザートーニング」では、均一に弱いパワーのエネルギーを届けることができ、刺激を与えずにメラニンの除去を行うことができます。
一般的なシミ治療に使用されるレーザーは「ガウシアン型」という山形のムラのある形をしていますが、レーザートーニングで使用するQスイッチYAGレーザーは「トップハット型」というフラットな形をしています。ムラによる刺激を与えずに皮膚の深い部分に滞留しているメラニンを少しずつ破壊する、肝斑治療に最適のレーザーです。真皮層へ熱エネルギーが浸透するため、コラーゲンやエラスチンが増産され、肌のハリや弾力がよみがえり、毛穴の引き締め、肌のキメが整うなどの嬉しい効果もあります。
当院では特に肝斑治療に適したメドライトC6やスペクトラというマシンを使用しています。

フラクショナルレーザー

フラクショナルレーザーは、レーザーで皮膚に無数の細かいドッド状の穴を開け、照射した部分 の皮膚を剥がして、創傷治癒力により新しい皮膚を再生させるレーザー治療法です。ニキビ跡(凹凸)や毛穴の開き、シミなどの色むら、たるみや小じわなどの治療に有効です。フラクショナルレーザーにも幾つかレーザーの種類がありますが、当院のエルビウムヤグレーザーによるフラクショナル治療では、CO2レーザーに比べて、水分に対する吸収率が10倍程もあり、ごくわずかな熱伝導で組織を蒸発させることができるため、レーザーによる周辺組織へのダメージが少ないのが特徴です。表面やけどを起こさないのでダウンタイムも短くすみます。

エルビウムヤグレーザー

ActionⅡというマシンでEr:YAGレーザー(エルビウムヤグレーザー)を照射し、ターゲット組織を繊細に蒸散、ホクロ、イボを綺麗に消します。
Er:YAGレーザーはホクロ、イボ治療に使用される炭酸ガスレーザーに比べ、約10倍の水分への吸収率があり、周辺組織への熱影響がほとんどなく、熱損傷が少ないのが特徴です。そのため、治療中の痛みが少なく、麻酔を使用せずに治療も可能です。
凝固層(炭化層)ができないため傷の治りが早く、照射後の傷の仕上がりもとてもきれいです。
ほくろ除去を局所麻酔なしでできるのは、エルビウムレーザーだけです。

スペクトラピコ

ピコレーザー「スペクトラピコ」は従来のレーザーに比べ非常に短い時間のレーザー照射が可能。Qスイッチレーザーの1,000分の1という「ピコ秒」で照射します。これまでレーザーによるシミの治療は、ナノ秒までが限界でした。ナノ秒照射のピコレーザーによるフラクショナル治療では皮膚表面に与えるダメージがなく、ダウンタイムもほとんどなく、1日程度で赤みは消失します。
「スペクトラピコ」は、トーニングをすることもできます。ピコレーザートーニングでは、より肌にやさしく、スピーディーな肝斑治療が行え、しみ・そばかす・くすみ・色ムラなどにも有効です。回を重ねることでメラニンの量が減少し、肌全体のホワイトニングが可能となります。毛穴の引き締めにも効果があります。

光(IPL)治療の医療マシン

フォトフェイシャル

色素に反応する光エネルギーを照射し、メラニンを分解。複数の波長の光を一度に照射するので、様々な深さのシミやニキビ跡の色素沈着や赤み、顔全体のくすみに効果があります。レーザー治療に比べ、ダウンタイムがないため、定期的に治療されると透明感のあるお肌を保つことができます。

フォトRF

フォトフェイシャルに高周波エネルギー(RF)をプラスし、日本人に合うように改良された治療が「フォトRF」です。
「フォトRF」は光エネルギー(IPL)と高周波エネルギーを組み合わせ、シミと美肌の両方にアプローチ。光エネルギー(IPL)が表皮層のメラニン色素に反応して、シミやくすみを徐々に薄くしていくと同時に、高周波エネルギーが真皮層を活性化。コラーゲンやエラスチンを増やし、肌のハリや毛穴の開きも改善します。肌のメンテナンスのため定期的に治療されると、いつでも張りとつやがある肌が保てます。

ライムライト

フォトフェイシャルは白人向けに開発されたマシンのため、日本人の肌に合わないこともありました。ライムライトは黄色人種である日本人の肌への臨床試験を行い開発されたため、日本人に多い薄いシミに効果が高いことが特徴です。
また、従来の光治療に比べ、照射時の痛みも軽減されています。ライムライトでは、520~1,100nmと幅広い波長の光エネルギーをお顔全体に照射していきます。そのため、シミ・そばかす・くすみなどの肌の色調の改善から、毛穴の開きや小じわなど質感の改善まで、混在した肌トラブルを改善します。

アキュティップ

アキュティップの照射スポットは6.35ミリと小さく、治療部位以外の周辺組織へダメージを与えることがありません。そのため目もとのシミや色素の薄いシミへピンポイントに照射ができ、効果を発揮します。今まで難しかった鼻の周りの毛細血管拡張症も治療することが可能です。
アキュティップの波長は、メラニン色素とヘモグロビンへの吸収率が高い500~635nm。茶色い薄いシミやニキビ、ニキビ跡の赤みなどに効果が得られます。

シミ・そばかす・肝斑・美肌治療の施術一覧 Treatment list

レーザー

IPL(光照射)

イオン導入

内服薬

外用薬

注入・注射

その他

全国の中央クリニック list of clinic

中央クリニックは全国18院。
美容外科治療には確かな医療技術が求められます。
中央クリニックでは、高い技術力、豊富な経験・実績のある、
選ばれたドクターのみが治療を行ないます。

中央クリニックメンズサイト

中央クリニック for Men 手に入れろ、男前力

ご予約・お問い合わせお待ちしております!

0120-472-331

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院