中央クリニック公式サイトhome > 診療ガイド > コエンザイムQ10

コエンザイムQ10

2244-catch

コエンザイムQ10とは

コエンザイムQ10は食事から摂取した栄養をエネルギーに変換する際に欠かせない、体内の細胞エネルギーの生産全てに関わる成分です。

コエンザイムQ10には優れた抗酸化作用や心臓を強くする働きがあるので、継続して摂取する事で美肌や冷え性の改善、老化の予防が期待出来ます。

しかし、コエンザイムQ10は20歳をピークに減り始め、40歳で急激に減少してしまいます。にもかかわらず食事から摂取する事が難しい成分なので、サプリメントで効率良く摂取しましょう。

1コエンザイムQ10がおすすめの方

  • いつまでも元気で若々しくいたい方
  • 冷え性や血行の悪さが気になる方
  • 手軽に健康を維持したい方

2コエンザイムQ10の特徴・メリット

  • 優れた抗酸化作用による、アンチエイジング効果が期待出来る
  • 心臓ポンプの働きを活性化して、全身を勢い良く流れる血流にする

3コエンザイムQ10の詳細

身体に不可欠なコエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、学名「ユビキノン」と呼ばれているビタミン物質です。人間が生命を維持する為に食事から摂取した栄養は、体内で消化吸収された後に細胞内にあるミトコンドリアによってエネルギーに変換されます。コエンザイムQ10はこのエネルギー変換に欠かせない、体内の細胞エネルギーの生産全てに関わる成分です。

効果

抗酸化作用

身体が年月と共に少しずつ衰えていく原因の一つが、活性酸素です。ストレスやジャンクフード等によって増える活性酸素が、体内の細胞やDNAを攻撃して、老化の促進、癌や生活習慣病が引き起こされる一因となっているのです。コエンザイムQ10はこの活性酸素を防ぐと共に、悪影響を抑制する優れた抗酸化作用があるので、継続して摂取する事で老化を防いで若々しい身体が叶います。

美容成分

コエンザイムQ10はターンオーバーの正常化を促して、肌の生まれ変わりをサポートする働きがあります。ターンオーバーは年齢と共に遅れがちになり、20歳は平均28日なのに対し40歳は60日、60歳は90日になります。

ターンオーバーが乱れると、不要な汚れやメラニンを含む角質がいつまでも表皮に残って、ざらつきや毛穴、シミ、くすみが目立つ肌になってしまいます。そのため透明感のあるツルツルとした肌を希望する方は、ターンオーバーを正常にする事が大切です。

心臓を強くする

コエンザイムQ10には、心臓ポンプの役割を活性化させる働きがあります。活性化された心臓ポンプは、血液を勢い良く送り出すので血の巡りが良くなり、不整脈の予防、冷え性や肩こりの改善が期待出来ます。

コエンザイムを摂取する

人間の身体はコエンザイムQ10を合成する事が出来ますが、合成量は20歳をピークに減り始め、40歳で急激に低下します。そのため40歳が近づくと、疲れやすくなった、身体が衰えたと感じる方が増えますよね?どこも悪くないのに慢性的な疲れやだるさが続く場合、コエンザイムQ10不足の可能性が考えられます。

コエンザイムの理想的な摂取量は美容と健康の為に1日100g、運動能力の向上を目的とするなら100~300gが必要です。しかし、コエンザイムの含有量が最も多いと言われているイワシでさえ、約4mgしか含有量がありません。よって、コエンザイムを食事から摂取するのは難しいので、サプリメントを利用して効率良く摂取する事をおすすめします。

4コエンザイムQ10の効果的な飲み方

コエンザイムQ10は肝臓から分泌される肝汁の働きで分解されて、体内に吸収されていきます。そのため、肝汁が最も多く分泌されている食後にコエンザイムを摂取するのが効果的です。逆に肝汁の分泌がほとんど無い空腹時は、吸収率が悪くなるので避けましょう。

全国の中央クリニック

中央クリニックは全国20院。
お近くのクリニックにお気軽に
ご相談ください。

おすすめメニュー

シミ・そばかす
レーザー治療
イオン導入
内服
点滴・注射
水光注射
ほくろ・いぼ
その他

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でも

[受付]9:30~20:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院
0120-472-331

ネットでも

ご予約・ご相談

二重・目もと

二重まぶた・目もと施術

アートメイク(眉・アイライン)