中央クリニック公式サイトhome  >  診療ガイド  >  シワ・たるみ治療  >  ベビーコラーゲン

ベビーコラーゲン

1964-catch

ベビーコラーゲンとは

体内には約30種類のコラーゲンがありますが、その中で肌を構成しているコラーゲンはⅠ型とⅢ型です。

1型は肌のハリ、弾力性を持たせるコラーゲンであり、一般的にサプリメント等で補充するコラーゲンはⅠ型です。

そして肌の再生、修復を促すコラーゲンが、Ⅲ型です。Ⅲ型は赤ちゃんの肌に大量に含まれているため、ベビーコラーゲンとも呼ばれています。

しかし、このⅢ型は加齢と共に失われていき、10分の1程度まで減少してしまいます。ベビーコラーゲンが減少した肌は、ハリと弾力性が失われるので皺、たるみが出やすくなってしまうのです。そうした肌にベビーコラーゲンを補う施術が、ベビーコラーゲン注射です。

肌の再生、修復を促すⅢ型のベビーコラーゲンは、注入された皮下組織の柔軟性、治癒能力を一気に高めます。その結果ベビーコラーゲンを注入した肌は皺、窪み、たるみが改善し、赤ちゃんの様にプルプルでハリと弾力性のある肌になれます。

それでいてベビーコラーゲンは肌が持っている成分なので、非常に肌に馴染みやすいのが特徴です。その為注入型美容整形では凹凸が出やすい目元や口元の薄い皮膚にも、安心して施術いただけます。

1ベビーコラーゲン施術流れ

  • 1、カウンセリングで医師が患者様を診察し、ベビーコラーゲンの注入箇所と注入量を決定します。
  • 2、注入箇所のメイクを落とし、消毒します。
  • 3、局所麻酔を行ってから、麻酔が効いたのを確認したら施術開始。
  • 4、丁寧にベビーコラーゲンを注入して、終了です。

施術時間は15分程、ダウンタイムが無いので施術後は当日帰宅が可能です。

2ベビーコラーゲンがおすすめの方

エイジングケアに優れたベビーコラーゲンは、加齢に伴う皺やたるみに悩む人に適した施術です。肌馴染みが良く凹凸ができないので、目元や額等皮膚の薄い箇所の皺に悩む人には特におすすめです。また、ダウンタイムが無いので時間が無い人、周囲に施術がバレたくない人も向いています。

3ベビーコラーゲンの副作用•リスク

・赤み
・むくみ
・腫れ
・内出血
・熱感
・血流悪化化
・掻痒感 など

※洗顔・シャワー・メイクは、患部を避ければ当日から可能です。
※入浴は翌日から可能です。
※激しい運動・飲酒は1日程お控えください。
※フェイスマッサージは1週間程お控えください。

【治療が受けられない方】
・該当する薬品でアレルギーの既往がある方
・妊娠中、妊娠の可能性がある方、授乳中の方
※その他、医師の判断で施術できない場合がありますので、予めご了承ください。

おすすめメニュー recommend menu

全国のラミュー・中央クリニック list of clinic

ラミュー・中央クリニックは全国19院。
美容外科治療には確かな医療技術が求められます。
ラミュー・中央クリニックでは、高い技術力、豊富な経験・実績のある、
選ばれたドクターのみが治療を行ないます。

ラミュー・中央クリニックメンズサイト

中央クリニック for Men 手に入れろ、男前力

ラミュー・中央クリニック求人サイト

キャリアと美しさを共に ラミュー・中央クリニックグループでは充実した研修制度と福利厚生があります。

ご予約・お問い合わせお待ちしております!

0120-472-331

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院