中央クリニック公式サイトhome > 診療ガイド > プレミアムPRP皮膚再生療法

プレミアムPRP皮膚再生療法

プレミアム PRP療法(皮膚再生療法/PRP育毛)とは

シワ・たるみの改善、刺青・傷跡除去、女性・男性の薄毛治療と、様々な治療分野で注目を浴びる「プレミアムPRP皮膚再生療法」。ご自身から抽出した血小板を活用して行う、効果と安全性に優れた再生医療・PRP療法の魅力と特徴について、中央クリニックが詳しくご説明いたします。

1プレミアム PRP療法(皮膚再生療法/PRP育毛)

  • PRP(多血小板血漿)に含まれる成長因子で、皮膚や毛髪を再生・若返らせる
  • 注入するPRPは、ご自身の血液から採取するので副作用の心配が極めて少ない
  • 効果持続は、約2年~3年と長期間

PRP療法(自己多血小板血漿注入療法)とは

PRPは、「多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょう)」を意味する「Platelet Rich Plasma」の略称。PRP療法(自己多血小板血漿注入療法)は、血液中にある「血小板」によって、皮膚や毛髪の再生・若返り効果をもたらす治療法です。

また血小板には、下記のようなあらゆるサイトカイン(成長因子)が含まれているため、幅広い治療分野に効果があるとされています。

血小板に含まれるサイトカイン(成長因子)とその効果

【TGF-β(トランスフォーミング増殖因子)】

[効果]血管内細胞/上皮細胞の増殖・創傷治癒

【EGF(上皮成長因子)】

[効果]上皮細胞の成長促進・創傷治癒

【PDGF(血小板由来増殖因子)】

[効果]細胞増殖・血管の新生と修復・コラーゲンの生成

【VEGF(線維芽細胞成長因子)】

[効果]血管内皮細胞の増殖

症例実績を誇る 中央クリニックの【プレミアムPRP皮膚再生療法/PRP育毛】

中央クリニックでは、「プレミアムPRP皮膚(毛髪)再生療法」を取り入れています。従来のPRP皮膚再生療法との違いはどのようなものなのか、プレミアムPRP皮膚再生療法が持つ3つの特徴から比較しました。

【プレミアムPRP皮膚(毛髪)再生療法の3つの特徴】

  • 注入成分内に「白血球」が含まれる
  • 注入後効果の現れる時間が「約1〜2ヶ月」。効果持続は、約2~3年
  • 一度の注入に含まれる血小板の濃縮量が従来の「約3〜5倍」

プレミアムPRP皮膚再生療法は、多血小板血漿のほかに、「白血球」が含まれています。これより、血小板が持つ成長因子の効果をこれまで以上に高めることを可能としました。さらに注入後の効果も、従来よりも早く現れやすくなっています。
また血小板の濃縮技術が進歩したことから、「プレミアムPRP皮膚再生療法」では、これまでの治療法よりも血小板の濃縮度を高めることを実現しました。

もちろん「プレミアムPRP皮膚再生療法」の特徴はこの3つだけでなく、持続期間が2〜3年と長いことや適応部位の広さなど多く挙げられます。

再生・改善のポイントは、「細胞の活性化を促す成長因子」

PRP療法が、肌のシワ・たるみ改善、刺青・傷跡除去・女性/男性の薄毛治療に効果をもたらす理由は、「PRP(多血小板血漿)に、皮膚や毛髪の再生を促す“血小板”が多く含まれている」という点にあります。

そもそも血小板は、自己治癒で血管を修復する作用や止血作用のある成分として広く知られています。ではなぜ、その成分があらゆるお悩みを改善させるのか。それは血小板に含まれる「細胞の活性化を促す成長因子」が、皮膚や毛髪の再生には欠かせないものとなっているからです。

尚、PRP皮膚再生療法では、ご自身の血液から取り出した血小板を使用します。そのため体内に再度注入をしてもアレルギーや感染症などを引き起こしにくく、安全性も高いと言われています。この点も、PRP皮膚再生療法が選ばれる理由の一つと言えるでしょう。

プレミアムPRP療法が有効な症状

多種多様のサイトカインを持つ血小板を活用した再生医療・「PRP療法」。これらの様々な効果は、どのような症状、お悩みに有効なのか、ご説明いたします。

シミ・たるみの改善

シワやたるみは、肌に存在することで老けて見えるとされることから、アンチエイジングの天敵とも言える存在です。そこにPRPを注入することで、細胞の活性化、コラーゲンやヒアルロン酸の生成促進といった効果がもたらされるため、シワやたるみの改善につながります。

プレミアムPRP療法のシミ・たるみ改善効果について、より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

刺青・傷跡除去

若気の至りで彫ってしまった刺青やタトゥー、苦い記憶をよみがえらせる傷跡を消したいと考える方も少なくないことでしょう。プレミアムPRP療法の皮膚再生効果は、そのような刺青・傷跡除去後の肌再生にも効果をもたらします。

プレミアムPRP療法の刺青・傷跡除去について、より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

女性/男性の薄毛治療

近年増加する女性・男性の薄毛に関するお悩み。ご自身の血小板から作成したPRPで行う「PRP育毛」は、男女問わず効果をもたらす治療法です。

PRP療法の女性/男性の薄毛治療について、より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

2【プレミアムPRP療法】が選ばれる理由

PRP療法が、肌のシワ・たるみ改善、刺青・傷跡除去・女性/男性の薄毛治療に効果をもたらす理由は、「PRP(多血小板血漿)に、皮膚や毛髪の再生を促す“血小板”が多く含まれている」という点にあります。

そもそも血小板は、自己治癒で血管を修復する作用や止血作用のある成分として広く知られています。ではなぜ、その成分があらゆるお悩みを改善させるのか。それは血小板に含まれる「細胞の活性化を促す成長因子」が、皮膚や毛髪の再生には欠かせないものとなっているからです。

尚、PRP皮膚再生療法では、ご自身の血液から取り出した血小板を使用します。そのため体内に再度注入をしてもアレルギーや感染症などを引き起こしにくく、安全性も高いと言われています。この点も、PRP皮膚再生療法が選ばれる理由の一つと言えるでしょう。

3【プレミアムPRP皮膚再生療法】シワ・たるみ改善

気付いていますか? 老け顔の問題点 「シワ」と「たるみ」

老け顔の特徴として、代表的なのが「シワ」と「たるみ」です。
シワやたるみがあることで老けた顔に見えるというイメージとしてわかりやすいのが、広告などに登場するモデルの顔半分に、ほうれい線やマリオネットライン、たるみとなる線を描いてみること。シワを一本書き足すだけでも、顔の印象が老けて見えるかと思います。
また鏡の中のご自身を見て、「最近、ちょっと老けたかしら?」と思うことがあれば、シワや肌のたるみの存在にも注目してみてくださいね。

とはいえ、シワやたるみと一言でまとめても、目尻の笑いジワやほうれい線のたるみ、マリオネットラインなどの代表的なシワ・たるみはもちろん、目の下にできるちりめんジワや眉間の縦ジワなど、種類は様々。ただし共通して言えることもあります。それは、いずれも実年齢より印象を高めてしまう要因になるということです。
中でも「顔に深く刻まれたシワ・たるみ」は、より一層老けた顔に見られやすいため、アンチエイジングの天敵とも言えるでしょう。

もし一度でも深いシワ・たるみが出来てしまうと、スキンケアやマッサージ、エステなどいくら努力を重ねても、改善の見込みは極めて低いとされています。いくら頑張っても肌の改善に結びにくいのが、深いシワ・たるみなのです。

また人によっては、顔のシワ・たるみだけではなく、手の甲や首に出来たシワが原因で、実年齢よりも上の年齢に見られ、悲しい想いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そういったあらゆる部位のシワ・たるみにも、若返り効果をもたらすのが、アンチエイジングの強い味方「PRP療法」の魅力と言えます。

あなたのお肌に、“深いシワ・たるみ”ありませんか?

老け顔の原因となる深いシワやたるみは、顔や体のどのような部位に発生しやすいのか、年齢とともに気になる方が増えてくる「シワ」「たるみ」ができやすい代表的な部位をご紹介いたします。

まずは、鼻の横から唇にかけて伸びる「ほうれい線」について。この部位のシワやたるみが深くなってくると、「笑うこと」に対して抵抗を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?またこれと同じく、口角の部分にシワが出来る「マリオネットライン」も、深くなるほど実年齢よりも老けた印象で見られがちです。

次に、「目の下」のシワやたるみ、「眉間」といった目の周囲にできるシワも、話す時や笑った時に目立つため、気にされる方も少なくありません。

PRP療法で「シワ・たるみ」が改善するメカニズム

PRP(多血小板血漿)に含まれる血小板には、多種多様の成長因子が存在します。そしてこれらは、肌の修復や再生、を促すことから、シワ・たるみに作用します。またハリや弾力のある肌を作るのに必要なコラーゲンやヒアルロン酸の生成に欠かせない成分が入っているというのも、注目すべきポイントです。

これをシワ・たるみ部分に注射することで、肌細胞が活性化し、内側から再生を促すことができます。また注入されたPRPの働きによって、シワやたるみの改善はもちろん、ハリと艶がある肌をもう一度手に入れることができるというのもPRP療法の魅力の一つと言えるでしょう。

さらにPRP皮膚再生療法は、顔のシワ・たるみ以外にも、首や手の甲にできたシワ・たるみの改善にも効果をもたらす治療法です。首も手の甲もシワ・たるみの影響で年齢が出やすい部位だけに、これまで深いシワやたるみの存在に悩んできた方にとっては朗報ではないでしょうか。

4【プレミアムPRP皮膚再生療法】刺青・傷跡除去

あなたはなぜ、刺青(タトゥー)や傷跡を消したいのか……

若い頃はカッコイイと思って彫った刺青(タトゥー)であっても、社会に出て、結婚をして、子どもができて、人生の機微に差し掛かったとき、その存在に対する人目が気になる方も多いことでしょう。
また同じく若気の至りで作った根性焼き跡、事故などでできた傷跡・火傷なども、決別したい過去を思い出すため、「消したい」と願う方も少なくはありません。

【プレミアム皮膚再生療法】で、刺青・傷跡を消すために

刺青や傷跡を消す(除去する)方法には、レーザー治療や皮膚の切除など、様々な選択肢があります。なかでも刺青をレーザー治療で除去する場合、個人差はあるものの、ほとんど目立たない状態にまで除去できるという魅力もありますが、刺青の色や大きさによっては、この方法が適さない、もしくは刺青の色が少し残ってしまうことも……。

そういったケースでは、刺青部分の皮膚を切除したり、削ったりという方法を選ぶこともあるのですが、これらは除去跡が残りやすいというデメリットが存在します。そのため、いくら刺青を除去しても、皮膚がケロイド状になり、目立つことを気にされる方も多いのです。
その点、皮膚の再生作用を持つPRP(多血小板血漿)療法を行うことで、刺青を除去した部分の皮膚再生にも効果をもたらします。

また傷跡を除去については、皮膚の再生を促すPRP療法そのもので、傷の修復力を補う治療方法もあります。

傷跡の発生から月日が経つほど、修復力は低下

そもそも傷跡は、できてから時間が経てば経つほど、残りやすくなる傾向にあります。つまり、傷跡部分の皮膚を再生するためには、刺青除去治療やケガなどによる受傷後、できるだけ早い段階で、対策や修正治療を行う必要があるのです。これは高い皮膚再生効果を持つPRP療法でも同様で、時間が経過している刺青除去跡や傷跡の場合、PRP療法のみで劇的に改善する見込みは少ないと言えるでしょう。

そのため、受傷から1年以上が経過している傷跡への治療では、ひどく残った傷跡部分の皮膚を切除する手術をしてからPRPの注入を行ったり、ステロイド局所注射など、他の保存的治療方法と併用して治療を行ったりすることもあります。

また刺青除去によって皮膚に残る跡を消したい際には、刺青除去の治療と並行してPRP皮膚再生療法を行うよう、お勧めしています。

5【PRP育毛】女性/男性の薄毛治療

急増する女性の薄毛、男性の薄毛問題

多忙を極める現代社会においては、様々な身体のお悩みを抱える方がいらっしゃいます。中でも中央クリニックへのご相談が多い症状の一つが、「女性の薄毛」「男性の薄毛」に関するお悩みです。

まず男性の薄毛に関しては、「AGA(男性型脱毛症)」など、聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか?またAGAの言葉の普及もあってか、「薄毛=男性」という印象をお持ちの方も少なくはありません。
しかしながら、薄毛問題は女性の中でも、深刻化しています。

そのため、女性の薄毛、男性の薄毛を改善する治療方法も数多く存在します。そしてその中でもPRP育毛は、女性・男性共に効果をもたらす治療法の一つとして注目を浴びているのです。

そこで、PRP療法が効果的な薄毛の特徴とはどのようなものなのか、ご紹介したいと思います。

【PRP育毛をお勧めしたい】薄毛の特徴

中央クリニックが採用している「プレミアムPRP療法」は、高い治療効果と安全性、長期間に渡る持続期間、そしてよりナチュラルな薄毛改善を行えることが注目すべき特徴と言えます。

そのため、安全性を誇る治療法で、より高い効果を求める方はもちろん、他の薄毛治療で効果が見られなかった方にもお勧めしている薄毛治療です。
またPRP療法は、抜け毛の減少と発毛促進の効果があるため、「最近抜け毛が多い」と感じる方にも適しています。

尚、PRP育毛の施術回数は、約2回程度でも高い効果をもたらすという点も、選ばれる理由の一つです。とはいえ、PRP育毛は永続的に薄毛を改善する治療ではないため、常に効果を保ちたい場合には、3ヶ月に1回程度のペースで、継続的に施術を受けられることを推奨いたします。

ただし、男女共に遺伝性も含む多くのケースで薄毛改善が見られるPRP育毛ではありますが、免疫性疾患による脱毛の場合、効果が現れないこともあります。この点が気になる方は、ぜひお気軽に医師までご相談ください。

【PRP育毛】薄毛改善メカニズム

PRP(多血小板血漿)には、様々な成長因子を持つ血小板が含まれてふくまれています。そしてその中でも、PRPを注入することで活性化される「抗アポトーシス調節因子[M13] 」が毛髪に高い効果をもたらしています。

毛周期と発毛

そもそも毛髪は、毛根にある「毛乳頭」という細胞が毛細血管から栄養を蓄え、それを毛髪の生成を担う「毛母細胞」へ送り、その栄養によって毛母細胞が分裂することで発毛を繰り返しています。ただし、いつまでもそこに存在するというわけではありません。毛髪は、成長期(毛が生える時期)→休止期(毛が抜け始める)→退行期(次の成長期に向けて、毛が抜けた状態)という、毛の生え変わりサイクル「毛周期」によって存在しているのです。

PRPが活性化する、「抗アポトーシス調節因子」

PRPによって、抗アポトーシス調節因子の活性化されることで、毛髪にはこのような効果がもたらされます。

  • 毛根幹細胞の分裂を促進
  • 毛周期の成長期を延長
  • 毛根周辺の血管新生を促進

これらの作用によって、抜け毛の減少と、生え変わる毛の増加につながります。

6プレミアムPRP皮膚再生療法・PRP育毛の基本情報

PRP皮膚再生療法の肌若返り効果は、いつまで持続する?

「PRP皮膚・毛髪再生療法の効果がいつまで持続するのか?」という点は、多くの方が気にされるのではないでしょうか?

血小板に含まれる成長因子の状態などによる個人差もありますが、従来のPRP皮膚再生療法の場合、注入から効果が出てくるまで約2〜3ヶ月、持続効果は約1〜2年とされています。一方、中央クリニックで行っている「プレミアムPRP皮膚再生療法」の場合、より高い効果をもたらすために白血球も一緒に注入することから、効果が現れるまでの期間は、約1~2ヶ月程度とより短期間で、持続効果も約2〜3年と長いことが特徴的です。(※個人差があります。)

より高い効果・持続のために、あなたに合ったPRP注入量を

PRP皮膚再生療法を実施する回数とその時のPRP注入量については、医師の診断の上、決定いたします。お一人おひとり異なる症状や皮膚の厚み、そして注入部位や年齢など様々な要素を考慮して最適な治療内容をご提案いたしますので、ご安心ください。

尚、治療の効果を一日でも長く持続させたい方は、PRP療法を定期的に受けられるよう、お勧めしています。また注入する回数、頻度をはじめ、定期注入における費用などが気になる方は、どうぞお気軽に医師へご相談ください。

【プレミアムPRP療法】治療の流れ

① 電話・メールにて無料カウンセリングのご予約

② 無料カウンセリング・診察

専門スタッフによる無料カウンセリングと、医師による診察で、注入箇所の確認と、症状に合った注入量の決定をいたします。気になる点があれば、ご遠慮なくご相談ください。

③PRPに使用する血液を採取

PRP療法では、患者様ご自身の血液から血小板を採取します。そのためまずは、血液を10cc程採血し、遠心分離機を使って血小板を抽出いたします。

④麻酔クリームの塗布

PRP療法では痛みを軽減するため、注入箇所に麻酔クリームを塗布して施術を行います。
麻酔が効いたのを確認してから、施術を始めますので、痛みが心配な方もご安心ください。

⑤血小板から作成したPRPを注入

ご自身の血小板で作ったPRPを、対象箇所に注入します。
【施術時間の目安】 採血~注入まで 1時間程度

尚、ダウンタイムはありませんので、当日から日常生活が可能です。

その他プレミアムPRP皮膚再生療法について、ご不明点、気になる点がある方、もしくは、「もっと説明を聞いてみたい」と思う方はぜひ、方は、無料カウンセリングでお気軽にご相談くださいませ。専門スタッフのカウンセリングと医師による診察を通して、治療への不安解消はもちろん、ご自身の肌が若返った時のイメージを描いてみませんか?

全国の中央クリニック

中央クリニックは全国にございます。
お近くのクリニックにお気軽に
ご相談ください。

おすすめメニュー

当院の薄毛治療
女性の薄毛基礎知識
HARG療法

中央クリニックメンズサイト

中央クリニック for Men 手に入れろ、男前力

ご予約・お問い合わせお待ちしております!

0120-472-331

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院

カウンセリング・ご予約はこちら 24H 受付