中央クリニック公式サイトhome > 中央クリニックのシミ・そばかす治療 > シミ・そばかすの種類

シミ・そばかすの種類

シミ・そばかすの種類

シミ・そばかすの種類

シミ・そばかすの種類は、原因やメカニズムなどによってさまざまです。一種類ではなく複数の種類のシミが混在していることも珍しくなく、専門家でもシミを見極めるのは難しいとされています。適切な治療を選択するためには、丁寧な診察が重要です。

1日光性色素斑(老人性色素斑)

シミの中で最も代表的なものが、日光性色素斑(老人性色素斑)です。これは、紫外線を浴びてできたメラニン色素が表皮に沈着したもので、5㎜?1㎝ほどのシミです。加齢や日光による皮膚の老化によって起こり、30歳代からできやすいシミです。紫外線によるものなので、太陽の光をよく浴びる部分である、お顔、腕、手の甲、デコルテによく見られます。

もともと人の体には、メラニン細胞の活性化といって、紫外線からのダメージを防ぐことができる機能があります。紫外線を浴びて肌が黒くなってしまうのは、このメラニン細胞が活性化することで多くのメラニンを生成し、紫外線が肌の深層まで届いて細胞を傷つけないようにするためなのです。

ただ、この紫外線を予防するターンオーバーが加齢によりうまく行われなかったり、紫外線を多く浴びすぎてしまうとメラニンが過剰に作られて沈着してしまい、日光性色素斑(老人性色素斑)という褐色のシミになってしまうのです。治療のポイントは、この局所的に現れたメラニンをしっかり取り除いていくことです。

老人性色素斑

2肝斑

肝斑は、両頬に左右対称に現れる輪郭のはっきりしない茶褐色のシミのことです。目の下から頬骨にかけて三日月形に広がりくすんでいるように見えます。日光性色素斑(老人性色素斑)も肝斑と似たような場所にできるので、肝斑の特徴である「輪郭のはっきりしない、茶褐色」であり、左右広範囲で広がっているかどうかで確認してください。

このシミは、女性特有の、ホルモンバランスの影響によってできると言われています。妊娠や婦人科系の疾患などや、ストレスによるホルモンバランスの崩れがきっかけでできます。そのため、30?40歳代の女性に多くみられます。女性のホルモンバランスの崩れから起こるので、閉経とともに薄くなっていく傾向があります。

年齢とともに薄くなっていきますが、放置しておくと範囲が広がって色も濃くなってしまうこともあるので、ガンコなシミになる前にケアしておきましょう。

肝斑

3ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)は、両頬の上部に左右対称にできる2㎜ほどのシミで、主に20?30代にみられます。他のシミは表皮内でできるのが一般的ですが、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)は肌の下層深くにある真皮層に存在しているのが特徴です。メラニン色素が存在する皮膚の深さによって見え方が違うため、浅い場所にある場合は、茶色に近い色味ですが、DM(後天性真皮メラノサイトーシス)は皮膚の深い場所にあるため灰色や青みがかった茶褐色をしています。

従来のシミは、肌サイクルに合わせて表層に向けシミを排出していきますが、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)は、従来よりも深層にシミが存在するため、そのターンオーバーに時間がかかります。通常のシミが28日のサイクルで排出されるのに対し、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)は5?6年かかると言われています。そのため真皮層で生成されたメラニン色素は、排出されず、深層に蓄積してしまうのです。

このシミができるきっかけは、紫外線による光老化や肌老化、ホルモンバランスなどがきっかけで発生すると言われています。肝斑などと見間違われることもありますが、治療法はアプローチが違うので、慎重な見極めが必要です。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)イメージ

4そばかす

そばかすは、鼻を中心に目元や頬上あたりに広がっている細かい茶色の斑点状のシミの事です。遺伝によるところが大きく、親にそばかすがある場合はそばかすのできやすい体質を継いでいる可能性があります。そばかすができやすい体質とは、紫外線などの刺激を受けやすく、メラニンが活性化されやすい肌質のことです。肌のターンオーバーが間に合わず、表皮内にメラニンが蓄積されてしまいます。

そばかすは、思春期頃にもっとも目立つと言われており、年齢とともに消えていく傾向があります。ただ、紫外線を大量に浴びると成人になってからも消えずに残り続ける場合があるので、紫外線対策は重要です。

そばかすイメージ

5くすみ

くすみは、透明感やハリ、ツヤが失われた肌で、肌が水分不足になり古い角質が蓄積されて顔全体が黄色?茶色にくすんで見える状態です。乾燥や、生活習慣の乱れから、肌のターンオーバーが正しく行われず、広い範囲に黒みを帯びた角質が広がるため、肌がくすんで見えてしまいます。
また、角質層が厚くなり、皮脂や老廃物がたまると、肌の透明感が失われて行きます。そのためくすみ肌の特徴は、肌表面が乾燥し、肌がごわごわしています。

くすみがある肌は、シミができやすく、くすみとシミが両方あるケースも珍しくありません。くすみが出たら、早めのケアが大切です。

くすみイメージ

6炎症後・治療後の色素沈着

炎症後・治療後の色素沈着は、ニキビなどの肌荒れ、ヤケド、化粧品によるかぶれ、虫刺されなどが治癒した跡に現れる褐色のシミです。皮膚が炎症を起こしたことでメラニンが生成され、そのまま色素沈着してしまったのが原因です。
年齢・部位関係なく、炎症の跡に発生します。年齢が若いうちは自然と薄くなることも多いですが、加齢によってターンオーバーの力が衰えてくると、少しの炎症でも色素沈着を起こしやすくなります。

シミやたるみの悩みが増える30代以降に増える傾向があります。シミやたるみを予防しようとして、ローラー美顔器で顔に圧をかけたり、スクラブ入りの洗顔フォームで顔をゴシゴシ洗ったりし、無意識に刺激を与えている場合が多いのです。

また、レーザー治療を受けて1か月程度で色素沈着が再発することがあります。間違ったスキンケアは、悪化させる原因になるので注意が必要です。色素沈着をなおすなら、炎症後の処置と、正しいスキンケアを心がけましょう。

7ホクロとシミの違い

紫外線や刺激などシミとホクロの原因はほぼ同じですが、発生する場所やメカニズムが異なります。シミはメラニン色素が肌の内部に蓄積されている状態ですが、ホクロはメラニン色素をつくる細胞そのものが増殖している状態です。シミは肌の表皮層にできますが、ホクロはより深層に存在します。ホクロの多くは良性腫瘍なので人体に害はありませんが、まれに悪性の皮膚がんのことがあります。専門の医師ならすぐに判断できますので、気になる場合は相談してください。

全国の中央クリニック

中央クリニックは全国20院。
お近くのクリニックにお気軽に
ご相談ください。

お客様の声

来院前に抱えられていたお悩みについて伺ったアンケートをご紹介。似たお悩みをお持ちでしたら、ぜひ一度ご相談ください。

お客様の声

シミが気になるので、すっぴんで外出できない

昔から顔にシミやほくろがあるほうで、私が色白なのもあってか余計に目立つ気がして、自分の顔に自信がなかったです。自分が気にしてるほど他人は気にしていないのかもしれませんが、それでも人の目が気になりすっぴんでは外出できなくなりました。もちろん今も悩みのひとつではあるんですが、ファンデーションを塗ったりと、きちんとメイクをすればシミなども気にならなくなるので、私はちょっとした外出の時でもメイクをしてます。少しでも薄くなればいいなと思い、今現在もですが、中学生のころからスキンケア用品などは美白のものを使用してますし、これ以上濃くならないように、これ以上増えないようにと紫外線対策にも気を使って生活してます。(女性・20代)

おすすめメニュー

シミ・そばかす
レーザー治療
イオン導入
内服
点滴・注射
水光注射
ほくろ・いぼ
その他

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でも

[受付]9:30~20:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院
0120-472-331

ネットでも

ご予約・ご相談

二重・目もと

二重まぶた・目もと施術

アートメイク(眉・アイライン)