中央クリニック公式サイトhome > 診療ガイド > パーフォーム

パーフォーム

1960-catch

パーフォーム注射とは

パーフォーム注射は、注射器で注入する注入型プロテーゼです。皮下組織に注入されたパーフォームは、周辺に0.02mmの極めて薄いコラーゲンの膜を形成します。

この0.02mmの膜がパーフォームを包み込む為、パーフォームは周囲の成分と混ざり合うことがありません。

また、パーフォームの成分はアルキルイミド4%、水分96%でできている、科学的、物理的に非常に安定した成分です。生体適合性が非常に高いので、体内で異物を見なされる事が無い事も特徴です。そして何と言ってもパーフォームは体内に吸収されない成分なので、半永久的に顎先形成、鼻筋形成を保つことができます。

それでいてパーフォームは0.02mmの膜に包まれて常に独立しているので、注入後に違和感が出た時は取り出すことができます。そのため、2001年から欧州連合(EU)やイギリスを含む20か国以上の国で、重要な安全試験に合格しているほど安全性の高い施術なのです。

1パーフォーム注射施術流れ

  • 1、カウンセリングで医師が患者様の骨格、肉付きを診察します。そして患者様の希望を考慮しながら、パーフォーム注入箇所、注入量を決定します。
  • 2、施術箇所を消毒し、注入箇所をマーキングします。(患者様の希望があれば麻酔クリームを塗布することも可能です)
  • 3、顔全体のバランスを見ながら、パーフォームを丁寧に注入して終了です。

施術時間は20分程(麻酔はプラス30分)、ダウンタイムが無いので施術後は当日帰宅が可能です。

2パーフォームがおすすめの方

注入型プロテーゼとして優れているパーフォームは、顎先を作りたい人、鼻筋をしっかりさせたい人に適しています。また、体内に吸収されないパフォームは長期間の効果を求める人、違和感が出た時は取り出すことを希望する人にもおすすめです。ダウンタイムが無いので時間が無い人、周囲にバレたくない人にも向いています。(札幌院・神戸院導入)

全国の中央クリニック

中央クリニックは全国20院。
お近くのクリニックにお気軽に
ご相談ください。

おすすめメニュー

注入治療
レーザー治療
手術による治療

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でも

[受付]9:30~20:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院
0120-472-331

ネットでも

ご予約・ご相談

二重・目もと

二重まぶた・目もと施術

アートメイク(眉・アイライン)