中央クリニック公式サイトhome > 診療ガイド > 刺青・タトゥーを消す(除去施術)

刺青・タトゥーを消す(除去施術)

刺青除去とは

刺青・タトゥーを除去する理由とは?

日本社会ではまだまだ刺青やタトゥーへの理解が広まっていないというのが、現実。そのため、人生のターニングポイントで「タトゥー(刺青)がなければ・・・」という場面に出くわす方も少なくはないことでしょう。

  • 結婚:ウェディングドレスを着ると、タトゥー箇所が目立ってしまう
  • 出産・子育て:子供と一緒にプールや温泉へなかなか行けない
  • 就職:タトゥーがあるので、就職活動が難しい

など、皆様お一人おひとりの人生ドラマで壁となってしまう、タトゥー問題。しかしながら、こういった背景ゆえに「タトゥーを消したい」という想いは強く持っていても、いざ刺青・タトゥーを除去するとなると、あらゆる不安がつきまとってしまいます。

では、それを一歩ずつ解決してくために、あなたがするべきことは?

1まずは、あなたの刺青/タトゥーの状態を確認することから

カウンセリング・診察

ひとことに『刺青/タトゥー除去』といっても、その方法には仕上がり・施術回数・費用など、特色も大きく異なる、いくつかの選択肢があります。そのため、まずあなたが一番はじめにすべきことは、ご自身の刺青/タトゥーの状態を確認することです。

だからこそ中央クリニックでは、無料カウンセリングを随時受け付けしております。除去したい刺青/タトゥーの大きさ・カラー、墨が入っている深さ、さらには現在の生活状況など、カウンセリングで伺った様々な内容を元に、お一人おひとりに合った施術法をご提案いたします。

そしてその上で、ご自身でもどんな除去方法ならば安心して施術に望めるか、しっかりと施術方法に関する情報を集めておくことも大事です。

2レーザー除去

レーザー除去イメージ

このような方にオススメ

  • 出来る限り治療跡を残さず、キレイに消したい
  • 施術から回復まで、日常生活に影響を出したくない

どのような施術?

刺青/タトゥーを消したい箇所にレーザーを照射すると、その熱に反応した色素が破壊。すると色素分子が少しずつ体外へ排出されていき、皮膚表面にある刺青/タトゥーの色が薄くなっていきます。

また、従来のレーザー除去は、黒単色の刺青/タトゥーしか消せないというイメージが定着していました。しかし、中央クリニックではより多くの刺青/タトゥーを除去できるよう、カラーに対応する【ピコシュア】【エンライトン】という最新の刺青除去レーザーを導入しております。他院で除去が難しいといわれたカラーの刺青/タトゥーの除去も諦めず、まずは一度ご相談ください。

期間

レーザー除去は、“すぐに除去できる”というものではありません。色素の破壊から体外への排出までを考えると、実際に目に見えて効果がでるまでは、レーザー照射から〔約1ヶ月程度〕かかります。

そして皮膚再生の期間として2ヶ月ほど間をあけて、次のレーザー照射を行います。レーザー照射の回数は、刺青/タトゥーの色の濃さによって異なりますが、カラーがはっきりと入っているものの場合には、何度かの照射が必要です。

※短期間でのタトゥー除去をご希望の方は、レーザーを組み合わせた治療をご提案させていただきますので、お気軽にご相談くださいませ。

痛み

しっかり冷却しながら施術するため、痛みは輪ゴムでパチっとはじかれた程度。照射後には、多少ヒリヒリとした痛みを感じることもありますが、中央クリニックでは専門医が施術はもちろんアフターケアも担当するため、軟膏の処方など都度適切な処置をいたします。(痛みに弱い方にも麻酔をご用意しておりまので、必要な際はお声掛けください。)

また体へのダメージも少ないため、施術後~回復までのダウンタイムも日常生活への制限はほとんどありません。

術後の仕上がり

照射後の皮膚は白っぽくなり、かさぶたや水ぶくれができることもありますが、万が一出来た場合も、それは皮膚が再生するための通過点です。 徐々に色が薄れて少しずつ新しい皮膚へと生まれ変わるサイクルがあるからこそ、『キレイに除去する』という面で優れていると根強い人気を持っている除去方法です。

3切除法

切除法イメージ

このような方にオススメ

  • とにかく早く除去したい
  • 刺青/タトゥーのサイズが小さい
  • 腹部など皮膚が伸びやすい箇所に刺青/タトゥーがある

どのような施術?

刺青/タトゥーがある箇所の皮膚を切り取り、引っ張られると伸びる皮膚の性質を活かして周りの皮膚を縫い合わせるというのが切除法。まずは、消したい刺青/タトゥーをご自分の指でつまんでみてください。その状態こそが、切除法の術後イメージです。

つまり、指でつまんで見えなくなる程度の小さい刺青/タトゥーであれば、この方法が適していると言えるでしょう。そしてその逆で範囲が広い刺青/タトゥーの場合、腹部など比較的皮膚が伸びやすい箇所であっても、切除法が適さない場合もありますので、まずはカウンセリングでご相談ください。

期間

切除自体は1回で可能な場合が多いのですが、抜糸のため約1~2週間後に再来して頂く必要があります。
(※サイズが大きい場合には、2~3回程度に分けて切除するケースもあり)

術後は、半年程度で周囲の皮膚と馴染んでいくでしょう。
※アクションⅡを使い縫い目を目立たなくする治療法もございますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

痛み

小さいサイズの切除手術には局部麻酔を使用しますので、痛みの心配はまずありません。また、ご希望があれば眠っている間に施術が完了する“無痛麻酔”を使うこともできますので、特に痛みに弱いという方はご遠慮なくご相談くださいませ。

さらに、術後にも強い痛みを感じたり、腫れたりといった気になる症状はほとんどありませんが、稀にうずくような痛みを感じることがあります。もちろん滅多にないケースではありますが、このような痛みを感じた場合には鎮痛剤の処方もいたしますのでご安心ください。また万が一の緊急連絡にも対応できるよう、24時間安心サポートもご用意しております。

術後の仕上がり

切除後は目立たないように縫合をするため、大体が一本線の傷跡程度。複雑なデザインの刺青/タトゥーを除去する場合にも、対象箇所以外に傷がつくことはありません。
※アクションⅡを使い縫い目を目立たなくする治療法もございますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

4剥削(はくさく)

剥削(アブレーション)イメージ

このような方にオススメ

  • カラフルな刺青/タトゥーを消したい
  • 刺青/タトゥーのサイズが大きい
  • 傷の治癒が遅くても、すぐに除去したい

どのような施術?

刺青/タトゥーが入っている皮膚を薄く削る剥削(はくさく)という方法では、対象箇所全体の約90%の墨(インク)を除去することができます。では残りの10%は?残念ながら、皮膚の最深部までは削らないため、多少の色(インク・墨)が残ってしまうこともあります。

とはいえ、深く皮膚を削り過ぎると、ケロイド状になるなど傷の治りが遅くなることが懸念されます。この点からも、肌ダメージを考慮しながら出来る限り多くの色を除去する技術と実績を持った専門医を選ぶことが大切です。

期間

基本的に1回の手術で除去が可能です。また術後は1~2週間程度で新しい皮が再生されるので、術後約1ヶ月で傷が治癒するとされています。ただし皮膚再生後の肌の色は、ピンク色や赤色。そして段々と茶色に変化していき、術後半年~1年をかけて周囲と馴染む肌色になります。

痛み

剥削(はくさく)手術には、麻酔を使用します。また、皮膚を削ると、乾燥による痛みも生じやすくなることから、中央クリニックでは施術中になるべく乾燥しない環境を整え、術後も乾燥防止や鎮痛剤を処方するなど、しっかりと対処を行っています。

術後の仕上がり

皮膚を削った部分は、擦り傷のようになります。そして通常の擦り傷が治っていくのと同じように、皮膚の自然治癒力で回復へと進むのです。また、このサイクルは、傷を治してくれるだけでなく、残った色(墨)を薄くする作用もあります。

5皮膚移植

皮膚移植イメージ

このような方にオススメ

  • サイズの大きいものやカラフルな刺青/タトゥーを消したい
  • 早急に刺青/タトゥーを消せれば、多少跡が残っても構わない

どのような施術?

刺青/タトゥーの入った皮膚を切り取り、その部分に他の部位から採取した皮膚を移植します。また移植する皮膚は比較的目立ちにくい、太ももや背中、お尻などから採取。体へのダメージを考慮してできる限り薄く削った皮膚を、刺青/タトゥーの状況に合わせて活用するため、カラフルなものやサイズが大きい刺青/タトゥーの除去方法としても適しています。

期間

サイズの大きさ、カラフルなものに問わず、1回の施術で除去が可能です。また術後は1週間程度で移植した皮膚が生着。採取した箇所も、2週間程度で回復するでしょう。

ただし、どちらの箇所も術後しばらくは多少の傷跡が残るので、少し気になるかもしれません。ですが、半年~1年程度で肌に馴染んでいくので、結果的に傷跡が目立つ心配は少ないと言えます。

痛み

移植した患部を圧迫させて皮膚を生着させるため、時に皮膚がつっぱるような感覚が生じることもあります。また皮膚を採取した箇所も、動作をすることで皮膚が刺激を受け痛みが生じることもございます。

とはいえ、いずれの箇所も共通して、痛みの対策は万全に行いますのでご安心ください。患部の固定や乾燥を防ぐための被膜剤の使用など、専門医による適切な対処を行っております。

術後の仕上がり

移植した箇所、皮膚を採取した箇所共に、術後1年程度で肌に馴染んでいきますが、多少跡は残ります。特に皮膚を採取した箇所は、色素沈着など周囲の皮膚との差が出る可能性もあります。

6より綺麗な仕上がりを求める方へ、皮膚再生療法のススメ

施術

傷跡が残ることが懸念される除去方法(切除・剥削・皮膚移植など)の場合、【リジェネラ(皮膚再生療法)】や【アクションⅡ(美容治療機器)】を併用することで、より綺麗な仕上がりが期待出来ます。

リジェネラ

切除した傷痕の治りをより早く綺麗に整えるための治療法です。

  • ①切除や剥削した皮膚からご自身の皮膚細胞(組織)を採取
  • ②採取した皮膚細胞(組織)を特殊な機械にかけて、“懸濁液”を作成
  • ③懸濁液を傷跡部分に注射

すると、皮膚組織が損傷してしまった部分を素早く修復に導く作用が働きます。この方法は身体に一切害のない再生医療として、厚生労働省も承認。その安全性が認められる最新医療のため、タトゥー除去以外にも火傷などの治療にも使われています。

アクションⅡ(LUTRONIC社製エルビウムヤグ レーザー ACTIONⅡ)

アクションⅡは、様々な肌トラブル改善につながる美容治療ができるとして、大変注目を浴びている医療レーザー機です。

  • ①肌トラブルや傷跡がある部分の組織を繊細に蒸散
  • ②熱の拡散量と、周辺組織への損傷傷を最小限に抑え、患部へアプローチ

これにより色素沈着などの副作用や痛みも少なく、傷跡を綺麗に回復させる効果が望めます。

7中央クリニックの刺青・タトゥー除去へのこだわり

アフターケア

あらゆるご不安は、丁寧なカウンセリングで解決!

このようにいくら選択肢となる刺青/タトゥー除去方法の特性をしっかり確認していても・・・。「自分の場合はどれがいいんだろう?」「他にデメリット(リスク)はないのかな?」と、何かと不安はつきものですよね。

それもそのはず。活字として目で確認した情報を予習とするならば、本当に最適な情報を手に入れることができるのは、その予習を元にご自身の疑問をしっかり解決した“耳で集める情報”なのではないでしょうか。

だからこそ中央クリニックのカウンセリングでは、皆様お一人おひとりがご不安や疑問点を解決できるまで、しっかり丁寧にご説明いたします。治療法とそれぞれのリスク、費用面やアフターケアなどすべてご納得頂いてから、じっくりとご検討くださいませ。

日本全国21院すべてに、万全な医療体制を!

中央クリニックでは、全国21院すべてのドクター・看護師が日々研究と技術向上に励むことはもちろん、最先端の医療マシーンを導入しております。そして、それはタトゥー除去でも同様。

これまでカラータトゥーは、切除などのオペ治療以外では除去が難しいとされてきました。しかし、中央クリニックでは幅広いカラーに対応する【エンライトン】や【ピコシュア―】といった最先端のレーザー除去マシーンを導入しております。

実は他院においても、東京など主要都市部のみ導入していることもあります。しかしながら、都市部に比べタトゥー除去施術の需要の少ない地方クリニックでは、未だ導入されていないというケースも多くあるのです。

しかし中央クリニックでは、皆様により多くの選択肢と納得できる治療法をご提案するため多数カラー対応の最先端レーザーを設置しています。「東京じゃないから、いい治療が受けられない・・・」なんてことは、もちろんありません。

そして何より、単純に治療するだけのマシーンを設置するだけでなく、皮膚再生医療にも力を入れて体制を整えております。例えばレーザー機×リジェネラ(皮膚再生医療法)を組み合わせて、より綺麗な仕上がりを目指すことができるのも、当院の強みです。

優れた技術力と数多くの症例を誇るドクター在籍!

切除や皮膚移植、削剥(はくさく)といったオペ治療は、正直なところ技術力で術後の仕上がりに大きく差がつくと言えるでしょう。その点中央クリニックのドクターは、これまでの症例実績も多く、技術力に誇りを持っています。そして、最先端医療を学ぶ学会へも積極参加。現状に留まるのではなく、常により良い治療を目指して、技術向上に励んでおります。

またこうした技術力は、術後の仕上がりだけでなく、施術期間やご予算、そして治療の際皮膚にメスを入れるのかどうかなど、患者様のご希望に合った治療の選択肢を増やすことにも活用できていると感じています。

さらに中央クリニックでは、カウンセリング前の診察~治療~アフターケアまですべて、各院の院長が担当しています。これまでの実績と専門知識を活かして、最後までしっかりご対応することをお約束致します。

急な引越しでも治療を継続可能!

「引越しするからせっかくはじめた治療もイチから?」いいえ、そんな心配ありません。中央クリニックは、日本全国に21院にございます。そのため、お住まいのお近くで最先端の美容医療を受けられることはもちろん、急なお引越し等の場合にも安心してご希望のタトゥー除去方法で続けていただけますのでご安心ください。

全国の中央クリニック

中央クリニックは全国20院。
お近くのクリニックにお気軽に
ご相談ください。

お客様の声

来院前に抱えられていたお悩みについて伺ったアンケートをご紹介。似たお悩みをお持ちでしたら、ぜひ一度ご相談ください。

お客様の声

タトゥーを入れたことで温泉には気軽にいけなくなってしまった

タトゥーが入ってることで、気軽に温泉やプールには行けないっていうのは事前に気持ちとして持っていたのですが、それでも若い頃には温泉とかにはあまり興味もなかったので、大丈夫とおもっていて年月が経ってくるとそういった場所に行きたい。となったときにテープを貼らないといけない。だとか、もしテープからも見えるようなことがあって追い出されるとかになってしまうと一緒にいっていた人にも不快なおもいをさせてしまうと思って、存分には楽しめることがなくなってしまいました。プールなどでも自分が欲しいっておもった水着ではなく隠せるタイプのものを買わないといけないので、ビキニタイプのものには手を出せない。といったものもあります。(女性・20代)

おすすめメニュー

刺青除去

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でも

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院
0120-472-331

ネットでも

ご予約・ご相談

二重・目もと

二重まぶた・目もと施術

アートメイク(眉・アイライン)