中央クリニック公式サイトhome > 診療ガイド > 女性の薄毛治療

女性の薄毛治療

薄毛に悩む女性

女性の薄毛のメカニズム

「髪の美しさは“キレイ”の必須条件」
古くからよく、このように言われていますね。

そのため現代では、“髪のオシャレ”も年々進化を遂げ、その可能性も大幅に広がっています。もちろん、これは常に美を求める女性達にとっては、とても嬉しいことです。

でも、今一度考えてみてください。ヘアカラー、パーマ、ヘアアイロンなど・・・、髪のオシャレを楽しむごとに、髪へ多くの試練を与えているということを。髪を傷め続けることで待ち受ける、あなたの髪の未来は?その悲しい未来の可能性として考えられるのが、【薄毛】です。

薄毛=男性というイメージも強いかもしれません。しかしながら近年では、髪のお悩みで医療機関へご相談される方の内、約30%が女性と言われています。30%・・・あなたはこの数字を少ないと思いますか?

女性の薄毛のメカニズムを知ればきっと、この数字の現実味を実感していただけることでしょう。そして男性とは違うメカニズムを持つからこそ、“女性の薄毛”に特化した適切な治療法が必要だということも、しっかりと受け止めていただきたい現実です。

1あなたの髪、元気ですか?

1849-1

まずは鏡に向かって「あなたの髪のイマ」と、しっかり向き合ってみましょう。

  • なんだか“ペタっ”とした髪型になっている
  • 分け目の肌色がやけに目立つ
  • 髪の毛にツヤ・コシがない
  • 以前より髪の毛が細くなり、絡まりやすくなった
  • 抜け毛が増えた

など、少しでも「アレ?」と気になる、髪に関する心配ごとはありませんか?心あたりがあれば、それは薄毛症状のはじまりかもしれません。
いくつになっても、女性にとって髪は美しくありたいもの。なのに、そもそも大切にすべき髪が減ってしまう・・・
この悲しい現実は、大変受け入れがたいことでしょう。

しかし、だからといって、「いや、これは気のせいかな」「一時的なものだから、もう少し様子をみよう」と、後回しにしないでください。薄毛治療は、早めに始めることで、深刻化を防ぎます。そして何よりも、歳を重ねるごとに“薄毛の原因要素”は強くなっていくばかりなのですから・・・

2女性だからこそ、“薄毛治療”は必要!女性版AGAとは

ストレス

最初にもお話したように、薄毛治療は男性だけのものではありません。それを詳しくご説明すべく、まずは男性・女性それぞれの“薄毛になるまで”の特徴をご紹介します。

男性の場合

男性の薄毛症状を、〔男性型脱毛症(AGA)〕と言います。男性ホルモンが影響して発症するケースが多くみられています。

また、男性の薄毛の原因の大半はAGAですが、次のような原因要素から脱毛症が発症することもあるので、薄毛が心配な方は日常生活から見直す必要もあるでしょう。

  • 頭皮の環境が劣悪な状態
  • 日々の仕事のストレス
  • タバコやアルコールの過剰摂取
  • 生活習慣の乱れ

etc.

パターン

  • 〔部分的に薄くなる〕頭頂部や髪の生え際(前頭部)など
  • 〔集中的に髪が抜ける〕前頭部や頭頂部などの特定の部分から脱毛し、薄くなる

進行の傾向

AGAは、進行性の脱毛症状です。治療をせずに放っておくと、まだ症状がみられない髪の毛も減り続けていくばかりとなります。

女性の場合

女性の薄毛症状を、〔女性男性型脱毛症(FAGA)〕と言います。“女性男性型”という名称部分が気になるところですが、それは女性の薄毛の場合も男性と同じく、“男性ホルモン”の影響が認められているから。しかし、それ以上に影響しているのが“女性ホルモン”です。

パターン

  • 〔薄くなる〕髪の毛が全体的に細くなり弱まる
  • 〔ボリュームダウン〕髪の毛の量が全体的に減る

進行の傾向

髪が生え変わるサイクルを長くする女性ホルモン(エストロゲン)の働きにより、薄毛の進行はとても緩やか。たとえ薄毛や抜け毛が起こったとしても、はじめはその変化に気づかない、もしくは「仕方ないもの」と気にかけないかもしれません。

ただし、薄毛の原因としてもまた、加齢共に減少していく女性ホルモン(エストロゲン)が大きく影響しています。なぜならエストロゲンは、髪を育成する働きを持っているから。

そのため、薄毛治療により女性ホルモンの分泌量を増やせば、改善も大いに期待出来ることでしょう。つまり、男性の薄毛治療や男性に特化した育毛剤・発毛剤を使うのではなく、女性のために考えられた薄毛治療を行うことが大変重要となってくるのです。

3誰もが可能性大の“女性の薄毛”!根本原因を徹底解析

ダイエット

男性ホルモン・女性ホルモンが影響している、女性の薄毛症状。そもそも、それぞれのホルモンはどのような特徴を持っているのでしょうか。

  • 男性ホルモン(テストステロン):脱毛に影響を与える
  • 女性ホルモン(エストロゲン):毛髪を育てる働き

このように髪へ与える影響が正反対の2つのホルモンは、いずれも女性の体内に存在しています。違うのは、その分泌量。本来女性ホルモン(エストロゲン)の分泌はとても活発ですが、加齢と共にその分泌量が減少していきます。

一方女性にも血中濃度は男性よりもはるかに少ないものの、男性ホルモン(テストステロン)が体内に存在するため、女性ホルモンが減少すると脱毛に影響を与える、というメカニズムが出来上がるわけです。

しかし、その逆を考えてみると、女性ホルモン(エストロゲン)がしっかり分泌されていれば、男性ホルモン(テストステロン)の働きをブロックし、脱毛を妨げることができます。

そこで気になるのが、女性ホルモンが減少の道を辿りはじめる“加齢”問題。果たして、何歳くらいからその影響がみられるものなのかというと、一般的に、早い方では35歳くらいから減少する傾向にあると言われています。ただし、「20代だからまだ大丈夫」と安心してはいけません。

なぜなら、女性ホルモン減少のルートは他にも考えられるからです。

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 不規則な生活
  • 食生活
  • ダイエット
  • オシャレによる髪へのダメージ

など、年齢に関係なく、すべての現代日本人女性が、女性ホルモンを減少させる原因要素を十分に持っていると言えるのではないでしょうか。

そして、その背景から言えることは、「誰もが薄毛になる可能性を大いに持っている」ということ。でも、安心してください。女性の薄毛はしっかりと治療を行えば、改善に導くことができる症状です。だからこそ今、あなた自身の髪と向き合うことから始めてみませんか?

4「これって薄毛?」と思ったら・・・まずは今の状態をしっかり確認!

ヘアケア

「女性の薄毛」と一言にいっても、それぞれに薄毛部分やパターンも異なります。なかでも女性が最も発症しやすいと言われているのが、『びまん性脱毛症』です。

びまん性脱毛症とは

「びまん」という言葉は、「一面に広がる」という意味を持っています。つまり頭皮全体に薄くなるのが、びまん性脱毛症の特徴と言えるのです。とはいえ、全体で徐々に薄くなっていくケースもあり、気づいた時にはとても進行している状態・・・ということもよくあります。

特に「分け目が薄くなった」と感じたら、注意してください。またびまん性脱毛症以外に、髪の毛の生え際から薄くなっていくパターンも考えられます。そう、やはり薄毛治療は発症パターンや原因、進行状態も人それぞれに違います。そして、だからこそ症状に合った治療がとても大切です。

そのためにも専門の医療機関でしっかりと診察を受け、原因の追究や治療の方向性を相談することが、薄毛改善への大事な一歩になります。もちろんこれ以上進行させないための予防法も大事ですが、既に薄くなってしまった髪へ働きかける適切な治療法を最優先し、キレイな髪の再生を目指しましょう。

5中央クリニックの女性の薄毛治療へのこだわり

1849-5

女性の薄毛治療に取り組んだ実績

中央クリニックは29年以上、女性の薄毛治療と真剣に向き合ってまいりました。だからこそ、この長い年月に数々の薄毛治療実績で培った技術力に誇りと自信を持って取り組んでおります。

しっかりとした薄毛治療の目的

中央クリニックが女性の薄毛治療の目的として考えているのは、「育毛」と「発毛」です。育毛力と発毛力、どちらが欠けても薄毛になってしまった頭髪を元気にすることはできません。抜け毛の抑制はもちろん、新たな毛髪を生やし、太く・長く育てるための健康な頭皮環境づくりを目指して治療を進めていきます。

医学根拠に基づいた薄毛治療

中央クリニックはあらゆる薄毛治療法の選択肢をご用意しております。

  • 医療機関でのみ処方できるお薬による治療
  • 毛髪の再生を働きかける“HARG治療”

etc.

HARG治療についての詳しい情報は、以下をご参照くださいませ。
HARG療法とは

医療根拠に基づいているからこそ発揮される、薄毛改善の効果にご期待ください。また、HARG治療は、皮膚科では改善されにくい円形脱毛症にも大変効果的です。他院で改善の兆しが見えず、既に諦めてしまった症状も、まずは一度当院のカウンセリングにてご相談くださいませ。

万全なアフターケア&フォロー

薄毛改善に向けてサポートするのは、治療だけではありません。セルフケア対策など、日常生活でのアドバイスも行い、患者様に寄り添うトータル的な治療を目指しております。

また、中央クリニックでは、24時間緊急電話でもご相談を受け付けております。そのため治療中・治療後問わず、ご不安な点、気になる点がございましたら、何でもお気軽にご相談くださいませ。

全国全院の知識・経験豊富な医師が最後まで担当

「毎回、先生(医師)が変わるから不安・・・」医療機関に通っていて、そう感じた経験はありませんか?中央クリニックでは、担当医がその都度変わるご心配はありません。

カウンセリング時の診察から治療完了まですべて、薄毛治療の経験豊富な医師が治療を担当いたします。これは、全国21院共通です。最初から最後まで、患者様と医師の信頼関係を大切にしながら、お一人おひとりに合った治療を行っています。

丁寧なカウンセリング

無料カウンセリングにお越しの際には、このような流れで対応させていただきます。

  • ①院長による頭髪の状態のチェックの上、これまでの症例画像などをお見せしながら、症状や治療法を丁寧にご説明
  • ②ご提案させていただいた治療法にご納得いただけましたら、専門カウンセラーが料金などをご案内

院長による診察はもちろん、毛髪診断士の資格を持った専任カウンセラーによる各種ご説明共に、患者様のあらゆるお悩み・ご不安にお応えいたします。目指しているのは、安心してご納得いただける治療です。だからこそ、どんな些細なことでも、お悩み・ご不安はお一人で抱え込まないでください。その都度、一緒に解決していきましょう。

明確な料金提示

中央クリニックでは、各治療の料金を明確に提示しております。そのため「いざ治療してみたら、想定よりも高額だった!」ということもございません。ご予算に合わせて、薄毛治療を始めていただくことができます。

特にHARG治療の場合、認定元である日本医療毛髪再生研究会により、トライアル価格も含めその料金は定められております。またその他の料金につきましても、各クリニックのホームページにて事前にご確認くださいませ。

全国の中央クリニック

中央クリニックは全国20院。
お近くのクリニックにお気軽に
ご相談ください。

お客様の声

来院前に抱えられていたお悩みについて伺ったアンケートをご紹介。似たお悩みをお持ちでしたら、ぜひ一度ご相談ください。

お客様の声

前髪が薄くなってしまい、髪型がきまらない

20代後半くらい、前髪の分け目から薄くなってきてるな。と自分で自覚していたところ、そのことを家族に指摘され、必要以上に気になってしまいました。もともと髪質がやわらかいこともあり、髪型がきまらなくなりました。女性の薄毛はどうしたら治るのだろう、何か薬はあるのか、髪型はどう変えよう。ネットで色々調べたところ、あまりピンとくるものは見つからなかったし、女性の薄毛は男性と違い生活改善で治るものでもない。と聞きました。結局、今までより前髪を増やし、分け目を変えました。年を重ねるにつれて、髪が薄くなるのは仕方がないことかな。と、結論付けましたが、20代で薄くなる。というのは女性として精神的に辛かったです。(女性・30代)

おすすめメニュー

女性の薄毛基礎知識
当院の薄毛治療
HARG療法

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でも

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院
0120-472-331

ネットでも

ご予約・ご相談

二重・目もと

二重まぶた・目もと施術

アートメイク(眉・アイライン)