中央クリニック公式サイトhome > 診療ガイド > 光(IPL)治療とレーザー治療の違い

光(IPL)治療とレーザー治療の違い

【話題の美肌マシンをリサーチ!】レーザーと光(IPL)治療の違い

近年では、シミやそばかす、ニキビやシワなどさまざまな肌トラブルを治療する医療マシンが数多くありますが、実際のところ、その違いについて「よくわからない」という方も、多いのではないでしょうか?
今回はその中でも間違えられやすい「レーザー治療」と「光(IPL)治療」の違いを、中央クリニックが徹底解説いたします。

「どちらがお肌に優しいの?」「どちらがシミへのピンポイントな効果があるの?」「そばかすとたるみに効果的な医療機器は?」「どんな医療機器を使って施術するの?」など、多くの方が感じる疑問を解決していきます。

1私のシミに合うのは、レーザー治療?光(IPL)治療?

レーザー治療に合うシミタイプ

  • 顔全体に広がっているわけではなく、ピンポイントにあるシミ
  • 加齢が原因のシミ『老人性色素斑』
  • シミのほかに、そばかすもある

光治療に合うシミタイプ

  • 肌全体に広がっている薄いシミ
  • シミ以外にも肌のハリツヤが気になる場合
  • ダウンタイムはできるだけ作りたくない

2単一波長「レーザー治療」・幅広い波長域「光(IPL)治療」

レーザー治療では1つの波長を使いますが、光(IPL)治療では複数の波長を使ってシミを消します。では、それぞれにはどのような特徴と、メリット・デメリットがあるのか、詳しくご説明いたしましょう。見ていきましょう。

波長とは?

「波長」とは、レーザーを照射した際に肌へ届く「光の長さ」のことを指します。短いものは皮膚の表面に、長いものは皮膚の深層にまで届きます。レーザー治療・光(IPL)治療では、波長の違いを利用して、適切な治療法を選び、お客様のシミを消していきます。

色素に反応する『レーザー』の波長

レーザー治療の多くは、単一波長を用いて行われることがほとんどです。 太陽光や照明など、日常で見かける多くの光は複数色使っているのですが、一方で「単一波長」とは1色しか使われていない光のことを言います。
しかし波長には、「メラニンなどの黒い色素に反応する波長」と「毛細血管などの赤い色素に反応する波長」があるため、シミ治療ではこれらを効果的に使い分けることが重要です。

そのため中央クリニックでは、患者様 のシミタイプによって波長を使い分け、レーザーが届く場所を変えることで適切な治療を行っています。

またレーザーの波長を変えることで、毛穴やたるみなどのお悩みにも対応できるようになります。つまりレーザー治療は波長を変えるだけで、シミはもちろん、あらゆる肌のトラブルにアプローチができるというわけなのです。

肌へのダメージを分散する『光(IPL)』の波長

光(IPL)治療では複数の波長が含まれている光を使うため、レーザーとは違った特徴があります。

例えば、光(IPL)の場合、お肌の広い範囲に照射するため、照射されたエネルギーが分散されるというのも特徴の一つです。また光治療は、表皮の浅いところにアプローチする特性を持っているため、薄いシミに対して効果を発揮するとされています。そのため、薄いシミやそばかすなど、肌の浅いところが原因の悩みに対して効果が期待できるのが、光(IPL)治療の魅力だと言えるでしょう。

ただし、レーザー治療の照射が”狭く深く”届くのに対して、光治療では”広く浅く”照射光が届くため、濃いシミや毛穴、たるみなどの肌の深い部分が原因の悩みにはあまり効果が期待できません。

3パルス幅が短い「レーザー治療」・パルス幅が長い「光(IPL)治療」

レーザー治療と光(IPL)治療は波長だけではなく、パルス幅も異なります。ではパルス幅が違うと、治療にどのような影響が出るのでしょうか。そもそもパルス幅とはどのようなものなのかも含め、詳しく解説していきます。

パルス幅とは

「パルス幅」とは、レーザー光の照射時間のことを指します。時間は0.1秒だったり、1000万分の1秒だったりとさまざまですが、レーザー治療ではパルス幅が短いほど「威力が強い」「熱が広がりづらい」といった特徴が表れるのです。

深くピンポイントに作用!『レーザー治療』のパルス幅

レーザー治療のパルス幅は、レーザー器具や設定によって異なりますが、「10億分の1秒」など、かなり短い時間でレーザーを照射できるものがほとんどです。 またお一人おひとりに異なる シミの状態に合わせてナノ秒でパルス幅を調節するので、大きいシミや濃いシミを狙い撃ちできる点も注目すべき特徴と言えるでしょう。

しかし、そもそものところ、ご自身のシミが、レーザー治療に適した「濃いシミ」なのか、光治療に適した「薄いシミ」なのか、自己判断は難しいことと思います。だからこそまずは、医師とのカウンセリングが重要に。肌状態を確認した上で、あなたに合った治療法を考えていきましょう。

熱をじわじわ伝える!『光(IPL)治療』のパルス幅

光(IPL)治療のパルス幅はレーザー治療より長く、ナノより大きいミリ単位で調節します。ただし光(IPL)治療は、熱が広がりやすく照射パワーも弱い特徴を持っているため、浅いシミに対しては効果が期待できることでしょう。

ただし光治療は照射パワーが弱い分、濃いシミや大きいシミには効果を示さないこともあるので、光治療が適した症状なのか、見極めが大変重要となります。

4【レーザー治療と光(IPL)治療】医療マシンの種類

中央クリニックのピコレーザー治療

中央クリニックではエンライトン、ピコシュア、スペクトラの3種類のピコレーザーを導入しています。また最先端の治療として、ピコレーザーを使った「ピコトーニング」や、「ピコフラクショナルレーザー」といった治療も人気を得ています。

■ピコフラクショナルレーザー

ニキビ跡や毛穴開きの改善に効果を示す治療です。レーザーによって、肌の奥にある真皮に小さい穴を開けることで、自然治癒力が働き、周辺の皮膚が新しく再生を促す効果が期待できます。

■ピコレーザート―ニング

メラニンを除去しながら、コラーゲンの生成を促すため、肝斑治療や美白、ハリツヤアップが望めます。

代表的な光(IPL)治療

■フォトフェイシャル

幅がある波長を照射することで、シミや小じわ、ニキビ跡などの改善に効果を示します。また美肌に欠かせないコラーゲンの合成を促す効果もあります。

■ライムライト

日本人医師が日本人のために開発したレーザー機器です。コラーゲンの生成を促すため、[M17] 肌のハリや毛穴開きの改善が期待できます。

■アキュティップ

従来のレーザー治療では改善が難しかった茶色や赤色色素の薄いシミ、そばかすに反応する治療方法です。

5【レーザー治療と光(IPL)治療】医師の診断の元、適切な治療を

同じような悩みを抱えているお客様でも、肌タイプや予算、取れる時間…などは異なるため、解決法は一人ひとり違います。

だからこそ中央クリニックでは、お一人おひとりの肌状態や肌質を見て、患者様の悩みを伺った上で、その方に合った治療法を医師が提案致します。シミなどの肌トラブルが気になる方は、中央クリニックの無料カウンセリングまでぜひお気軽にご相談ください。

全国の中央クリニック

中央クリニックは全国にございます。
お近くのクリニックにお気軽に
ご相談ください。

おすすめメニュー

点滴・注射
水光注射
内服
レーザー治療
ほくろ・いぼ
その他
シミ・そばかす
イオン導入

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でも

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院
0120-472-331

ネットでも

ご予約・ご相談