中央クリニック公式サイトhome > 診療ガイド > 中央クリニックの刺青・タトゥー除去

中央クリニックの刺青・タトゥー除去

刺青除去とは

刺青を消したい方へ

お仕事の関係や結婚などのタイミングで、過去に入れた刺青(タトゥー)を除去したいとお考えの方。
当院では、刺青(タトゥー)除去を希望される方にはカウンセリング・診察を行った上で、適切な治療法をご提案しています。
刺青(タトゥー)は自然に消えることはなく、完全に除去するためには専門家の力が必要です。まずはお気軽にご相談ください。

1レーザー除去

黒い色素に反応するレーザーを照射することで色素を破壊し、刺青(タトゥー)を除去します。レーザー照射の痛みは輪ゴムでパチンとはじいた程度で、小さいサイズであれば麻酔も必要ありません。レーザーで色素を破壊した後は少しずつ排出され、表面の皮膚の色が薄くなってきます。照射直後は皮膚が少し白っぽくなり、その後かさぶたや水ぶくれができて時間の経過とともにはがれ落ち、新しい皮膚が再生されていきます。
レーザーを照射してすぐに刺青(タトゥー)が除去されるわけではないため、レーザー照射から効果を実感されるまでには1ヶ月ほどかかります。また濃い刺青の場合ですと1回では除去しきれないため、2ヶ月に1度ほどのペースで間を置いて照射していただく必要があります。

いくつかある刺青(タトゥー)除去の治療法の中でも、身体に最も負担が少ないのがこのレーザー照射です。以前は、黒単色の刺青(タトゥー)のみレーザー除去を行っていましたが、最新の刺青除去レーザー機はカラーの刺青(タトゥー)にも対応しています。術後の日常生活での制限はほとんどなく、痛みも少なめ。仕事や家事などがあまり休めない方、また完全な除去をお急ぎでない方は、こちらの方法をお勧めします。

レーザー除去イメージ

2切除法

刺青(タトゥー)部分を皮膚ごと切り取り、周囲の皮膚を寄せて縫い合わせます。レーザーに反応しづらい刺青(タトゥー)でも、この方法であれば全て取り除くことができます。

この方法が適しているのは、腹部などの皮膚がある程度伸びる箇所の除去です。刺青(タトゥー)の両端をつまんでみて、ある程度皮膚が寄る状態であれば、切除法で取り除くことができます。周囲の皮膚を寄せることを考慮すると、ある程度サイズの小さい刺青(タトゥー)除去に向いています。

切除後は、可能な限り傷跡が目立たないように縫合します。サイズや箇所にもよりますが、1本線の傷あとになります。
術後約1~2週間後には抜歯を行い、テープや塗り薬などで傷を保護します。術後半年ほど経てば、傷あとも周囲の皮膚となじんでいきます。術後も傷あとの状況を定期的に確認しながら、なるべく目立たない形で治癒できるよう適切な処置を行っていきます。

切除法イメージ

3剥削(はくさく)

刺青(タトゥー)が入っている皮膚を薄く削ることで除去します。皮膚を削ったあと、1~2週間程度で新しい皮が再生され、1ヶ月程度で傷は治っていきます。半年~1年ほど経過すると、皮膚の色も周囲の肌色になじんでいきます。

あまり深く削ると傷の治りが遅くなってしまいますので、刺青(タトゥー)が入っているギリギリの深さを見極め、なるべく薄く削り取ることで、身体への負担を軽減します。皮膚の深い部分まで色素が入っている場合は取り切れないこともありますが、傷跡と混ざることで、刺青(タトゥー)とは分からない状態になります。

他の刺青(タトゥー)が入っていない部分と全く同じ皮膚状態にすることは難しいものの、カラフルなものやサイズの大きなものであっても1回の治療で除去することができるのがメリットです。また、レーザー照射と組み合わせることで、より効果の高い除去が実現できるケースもあります。

剥削(アブレーション)イメージ

4皮膚移植

刺青(タトゥー)の入っている皮膚を切り取り、別の皮膚を移植することで除去します。移植する皮膚は太ももや背中、お尻など、目立たない箇所を選びます。かつなるべく負担が少なくなるよう、皮膚はできるかぎり薄く削いで採取します。

移植後しばらくは患部を圧迫して生着させますので、つっぱったような感覚が出ることがあります。移植部分も、皮を採取した部分も乾燥すると痛むことがあるので、乾燥しないよう被膜剤を使用し、痛みを軽減させます。

移植部分は約1週間で生着しはじめます。また採取した部分も2週間程度で治ります。どちらの部分も多少の傷あとは残るものの、半年~1年ほどかけて周囲の肌色になじんでいきます。サイズの大きいもの、カラフルなものでも1度の治療で対応できます。就職などでなるべく早く除去しなければならない事情がある方にはお勧めの方法です。

皮膚移植イメージ

5お悩み別おすすめの治療方法

  • できる限り
    キレイに消したい

    レーザー除去がおすすめです

    傷跡が残らずキレイに刺青・タトゥーを除去できる方法です。切らずに治療を行いたい方におすすめです。

  • できる限り急いで
    消したい!

    切除法がおすすめです

    大きさによっては2、3回かかることもありますが、基本的には1回の治療で除去できます。

  • できる限り安く
    消したい!

    クリニックに相談がおすすめです

    刺青・タトゥーの状態によって治療法が変わります。安く済ませたいのであれば、ドクターにカウンセリングを受け、一番近道になる治療法を選びましょう。

5施術の流れ

01

カウンセリング・診察

カウンセリング・診察

まずは刺青(タトゥー)除去に関する希望をお伺いします。
カウンセリングの内容をもとに、医師が診察を行います。除去したい部分の大きさや色を確認し、さらに現在の生活状況なども合わせて、適切な治療法をご提案します。
不安な点や疑問点などがあれば遠慮なくお伝えください。

02

施術

施術

ご提案した方法で、治療を行っていきます。なるべく不安や痛みのないよう、適切な処置を行いながら進めていきますのでご安心ください。

03

アフターケア

アフターケア

理想の刺青(タトゥー)除去を行うためにはアフターケアも重要です。検診を通じて術後の経過を確認し、また日常生活でのケア方法などについてもアドバイスいたします。

お客様の声

来院前に抱えられていたお悩みについて伺ったアンケートをご紹介。似たお悩みをお持ちでしたら、ぜひ一度ご相談ください。

お客様の声

タトゥーを入れたことで温泉には気軽にいけなくなってしまった

タトゥーが入ってることで、気軽に温泉やプールには行けないっていうのは事前に気持ちとして持っていたのですが、それでも若い頃には温泉とかにはあまり興味もなかったので、大丈夫とおもっていて年月が経ってくるとそういった場所に行きたい。となったときにテープを貼らないといけない。だとか、もしテープからも見えるようなことがあって追い出されるとかになってしまうと一緒にいっていた人にも不快なおもいをさせてしまうと思って、存分には楽しめることがなくなってしまいました。プールなどでも自分が欲しいっておもった水着ではなく隠せるタイプのものを買わないといけないので、ビキニタイプのものには手を出せない。といったものもあります。(女性・20代)

おすすめメニュー

刺青除去

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でも

[受付]9:30~20:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院
0120-472-331

ネットでも

ご予約・ご相談