中央クリニック公式サイトhome > 中央クリニックの女性の薄毛治療 > HARG療法で発毛するしくみ

HARG療法で発毛するしくみ

女性

自ら発毛する力を目覚めさせる

薄毛治療の第一歩は、ご自身の身体でいま何が起きているのかを理解すること。そうすることで憂鬱な気分が和らぎ、客観的に症状を分析できるようになります。それと同時に、HARG療法がいかに理にかなった治療法であるかもお分かりいただけるはずです。

1どうして薄毛になってしまうのか?

髪にはヘアサイクル(毛周期)と呼ばれるものがあり、成長期(2~6年)、退行期(2~3週間)、休止期(2~3ヶ月)の3つに大別できます(髪の毛の寿命は男女で異なるため、ヘアサイクルの長さにも性差があります)。薄毛になると、男女問わずこのヘアサイクルが乱れます。髪の成長期が短く、休止期が長くなってしまうことで、「髪が生えない」、「生えたとしてもすぐに抜け落ちてしまう」といったトラブルを引き起こすのです。ゆえに、薄毛を改善するためには、ヘアサイクルを正常に戻す必要があります。

ヘアサイクル

2成長因子が休止期の細胞に効く!

休止期になると、確かに髪の毛は生えてきません。しかし、その部分の毛母細胞はまだ生きているため、「髪の毛を生やす力」は残っています。この点にHARG療法は着目し、独自にブレンドしたHARGカクテルを開発。それを頭皮に注入することで、眠った細胞を目覚めさせ、再び成長期へ導くことに成功しました。つまり、HARG療法とは、薬剤の力だけで髪の毛を生やすのではなく、細胞自らが再び発毛するように促す仕組みなのです。

毛根へのアプローチ

HARGカクテル

HARG療法で使われるHARGカクテルとは、メソカクテル(血管を拡張する薬やビタミンなどを含む)とAAPE(脂肪由来幹細胞たんぱく質抽出物)、そして患者さまの体質や症状に適した成分を組み合わせたもの。この中で、HARG療法の鍵となるのがAAPEと呼ばれる物質です。このAAPEは、健康な女性の脂肪幹細胞から精製したタンパク質の複合体で、発毛に有効な成長因子KGF(毛母細胞を増やす)やPDGF(毛髪の成長期を保つ)などが凝縮されています。

HARGカクテル

幹細胞の特性

しかし、なぜ脂肪幹細胞からわざわざ成分を抽出する必要があるのでしょうか? その理由は幹細胞の優れた特性にあります。幹細胞とは、身体の中で特定の役割を持たない細胞のことで、必要に応じてさまざまな細胞になる能力(多分化能)を持っています。学術的には、脂肪幹細胞を体内から取り出し、頭皮に移植することで、発毛や増毛が可能と考えられています。しかし、現状この方法には多くのハードルがあり、実用化には至っていません。
そこで脂肪幹細胞そのものを取り出すのではなく、その中にある、発毛に有効な成長因子だけを取り出す方法が見出され、AAPEが開発されたのです。

AAPEの働き

このAAPEに含まれる豊富な成長因子は、頭皮にある毛包(毛穴の奥にある発毛を司る器官)に働きかけ、眠っていた細胞を目覚めさせます。さらに、AAPEには、成長期にある毛髪の発育を促したり、増殖毛乳頭細胞とケラチノサイト(皮膚に潤いを与える物質)を増やしたりする働きもあります。

こうした有効成分が継続的に頭皮の細胞を刺激することで、ヘアサイクルが正常化し、自発的に太く強い髪が生えるようになります。 HARG療法が99%という驚異的な発毛率を誇る理由がお分かりいただけたのではないでしょうか?

全国の中央クリニック

中央クリニックは全国20院。
お近くのクリニックにお気軽に
ご相談ください。

お客様の声

来院前に抱えられていたお悩みについて伺ったアンケートをご紹介。似たお悩みをお持ちでしたら、ぜひ一度ご相談ください。

お客様の声

髪を結ぶ地肌がはっきり見えてしまうので、ヘアアレンジができません

私はもともと髪の量が少なくて、ヘアボリュームがないので、ワックスなどでセットしてもすぐ崩れてしまいます。あまり強いワックスを使ったら頭皮にダメージを与えてさらに薄毛になるのではないかと思うと怖くて使えません。また、髪を結ぶなどのアレンジにも挑戦したのですが、髪が引っ張られている部分の生え際が露わになって、とても恥ずかしいです。そのため、外に出るときはニット帽やキャップなどをかぶるようにしています。室内ではどうしても帽子を脱がないといけない場面もあるので、とても周りの目が気になって落ち着くことができません。一度、友達の勧めで育毛剤を使ってみたのですが、目で見て分かるほどの効果は得られませんでした。(女性・20代)

おすすめメニュー

女性の薄毛基礎知識
当院の薄毛治療
HARG療法

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でも

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院
0120-472-331

ネットでも

ご予約・ご相談

二重・目もと

二重まぶた・目もと施術

アートメイク(眉・アイライン)