中央クリニック公式サイトhome > 診療ガイド > ピアスの穴あけ

ピアスの穴あけ

中央クリニックの
ピアスの穴開け

「たかが、ピアスの穴をあけるだけ」そう考えている方も、多いのではないでしょうか?しかし、ピアスの穴は、医療機関で開けられることを強くお勧めいたします。
なぜなら、「たかが」という油断が、感染症や皮膚炎といった肌トラブルを引き起こしてしまうことが懸念されるからです。

1ピアスの穴あけは、医療機関へ。その根拠とは?

そもそも、ピアスの穴をあける(ピアッシング)というのは、医師法で定められた「医療行為」です!この点だけを切り抜いても、ピアッシングを医療機関で行うべき重要性というのが、伝わるのではないでしょうか。

ではなぜ、医師の下で行うべき施術なのかというと、耳も大事な身体の一部だからです。想像してみてください。例えば、あなたが誤って転んでしまったとしましょう。その時、手や膝にできた擦りキズを放っておいたら、細菌が感染して、擦りキズが悪化してしまうこともありますよね。

耳だって、それと同じです。ピアスの穴はごく小さいものですが、いわば耳に小さな傷をつけるようなことですよね。そしてその穴は、耳の皮膚内部に繋がっています。つまり、そこから細菌が入り込んでしまうこともあるわけです。

そのためピアスの穴あけは、万全な衛生管理と安全体制の整った、医療機関で行うべき行為なのです。

2中央クリニックが誇る、ピアッシングの安全と安心

中央クリニックでは、より安全にピアスの穴をあけられるよう、衛生管理にこだわり、取り組んでいます。

医療用ファーストピアスを採用

中央クリニックでは、アメリカのジェイ・ヒューイット社製「MediStuds(メディスタッド)」を、施術に使用するファーストピアスとして採用しております。MediStuds(メディスタッド)の場合、使用前のピアスが滅菌パッキングされているという点が、高い衛生水準がうかがえるポイントです。

さらにMediStuds(メディスタッド)のピアスは、医療器具にも使用されている医療用ステンレスや24Kが使われているという観点でも、非常に安全性が高いファーストピアスと言えるでしょう。

特にファーストピアスは、施術後約1ヶ月は継続して付けるものなので、施術時の安全性はもちろん、施術後も継続して安全・安心に使用できることが重要となります。

豊富なピアッシングメニューも安全に!

中央クリニックでは、一般的な耳へのピアスやヘソピアス等の他にも、鼻ピアス・舌ピアス・乳首ピアス・性器ピアスなど、あらゆる部位のボディピアスをあけるピアッシングにも対応しております。

また他の部位に比べると、多少痛みを感じやすい軟骨のピアッシングは、局部麻酔を使用して行うなど、ご希望の部位それぞれに合った適切な施術を行っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ピアス穴閉じ・傷跡修正

ピアスをあけるだけでなく、ピアスの穴を閉じたいというご希望を持たれる方もいらっしゃいます。小さい穴であれば、ピアスをしないことで自然に穴が閉じることもありますが、大きな穴となると自然に閉じることは難しいのが実情です。

そのため中央クリニックは、ピアス穴閉じの施術も行っております。

施術は、ピアス穴、傷跡部分を切除し、一本の線のように目立ちにくい形で縫合する方法です。大きなピアス穴程度であれば、施術自体は基本的に即日で完了します。ただし切除、縫合を伴う施術ですので、術後7日~10日程度が経過しましたら、抜糸のためにご来院いただく必要がある点、ご了承くださいませ。

3ピアスの穴あけ 施術と術後

ピアスの穴をあける施術は、比較的短時間で完了します。ピアッシングそのものの施術だけでいうと、ピッと穴をあけて終了です。とはいえ、施術前には、ご希望の位置へのマーキングや消毒など、適切な処置の上で、施術を行いますので、ご安心ください。

またピアスの穴をあける施術の後は、特別なダウンタイムはありません。耳のピアス、ボディピアス共に、いつも通りの日常生活を送って頂くことができます。
ただし、患部の清潔を保つことだけは心がけてくださいね。

全国の中央クリニック

中央クリニックは全国にございます。
お近くのクリニックにお気軽に
ご相談ください。

おすすめメニュー

ピアス穴あけ

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でも

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院
0120-472-331

ネットでも

ご予約・ご相談

二重・目もと

二重まぶた・目もと施術

アートメイク(眉・アイライン)