中央クリニック公式サイトhome > 診療ガイド > ピアス穴あけ(片耳・両耳)

ピアス穴あけ(片耳・両耳)

2491-catch

ピアス穴あけ(片耳・両耳)とは

耳たぶに穴を開けて装飾を施すピアスは、「顔立ちを華やかにする」「横顔を綺麗に魅せる」効果があります。

中央クリニックではこうした耳元を引き立たせるピアスの穴を、清潔な環境、かつ医療用器具で、安全にお開け致します。

両耳はもちろん、片耳だけ開けたい等のご要望にもしっかりお応え出来るので、「安全」かつ「手軽」に「綺麗」を手に入れる事が出来ると好評を頂いている、人気の高い施術です。

1ピアス穴あけがおすすめの方

  • ピアスを付けて、耳元のお洒落を楽しみたい方
  • ピアスを開ける行為に、安全性を求める方

2ピアス穴あけの特徴・メリット

  • 医師が穴の位置をしっかりと定めるので、左右対称かつバランスの良い位置にピアス穴が出来る
  • 清潔な環境下において、清潔な器具を使って穴を開けるので、感染症のリスクが極めて少ない

3ピアス穴あけの詳細

中央クリニックでは耳元を引き立たせる、ピアスの穴あけを行っております。両耳はもちろん、片耳だけ開けたい等、患者様一人ひとりのご要望にしっかりお応えして、患者様がご満足いただける「綺麗」を提供致します。

中央クリニックで行う、ピアス穴あけについて

当院でのピアス穴あけは、患者様に「綺麗」「安心」「安全」をお約束します。

綺麗・医師が行う正確なピアスホール

一般的なピアスホール器具を用いてセルフでピアスを開ける場合、ピアスホール器具に付いている針の方向が上手に定まらず、穴が斜めになる、希望する位置からずれて穴が開いてしまった等のデメリットを生じるケースが多く見られます。

対して中央クリニックでは、穴を開ける前に医師がマーキングを行います。そのマーキングに対して医療用のピアスガンで瞬時に針を打ち込むため、「ピアス穴が垂直に開く」「患者様の希望する位置に確実に穴を開ける」事が可能です。

安心・痛みが無い施術

当院では、豊富な症例数を誇る医師が瞬時にピアスガンを打ち込むので、ほとんどの方は麻酔無しで施術いただけます。しかし、痛みに弱い方や不安を感じる方は、局所麻酔を用いて無痛で施術を行う事も出来ます。

安全・穴あけによる感染症や化膿のリスクを極限まで減らす

セルフで穴を開ける際の、安全ピンでの貫通やピアスガンの使い回しによって深刻なトラブルが生じています。具体的には、途中で針が曲がる事による深刻な痛み、耳の破損、化膿があります。

HIV、C型肝炎感染(ピアスガンの使い回し)が懸念され、実際深刻な症例が起こってトラブルになっているケースもあります。そのため、ピアスの穴を開けるという行為は医療行為であり、「穴を開けた患部を守る」「感染症予防」が出来る、医療機関以外での実施は法律で禁止されているのです。

もちろん中央クリニックでは、清潔な環境の元で医療用ピアスガンを用いて、ピアス穴を開けるので、感染症や深刻な化膿のリスクがほとんどありません。加えて適格なアフターケアを指導すると共に、万が一化膿や深刻な金属アレルギーが起こった際は医師がしっかりとフォローする、極めて安全性の高い施術を提供するので、患者様には安心して施術いただけます。

ピアスの開け方

最初にどちらか片方の耳の、ピアッシングを希望する位置にマーキングを行います。そしてこのマーキングを元に、反対側の耳たぶにもマーキングを行います。

しかし、耳の形は個人差が激しく、中には左右が非対称の耳たぶを持つ方もいます。そうした方は、メジャーで正確な位置を図りながらマーキングを行う事で、前から見た時のピアス穴が同じ高さになるように調節します。

その後、医師が医療用ピアスを装着したピアスガンをマーキングした部位に当て、瞬時に穴を開けてピアスを装着します。その際のファーストピアスは、「金属アレルギーリスクが極めて少ない」24金メッキやチタン、かつ「消毒のしやすい長さ」8mm、軸径1.2mm程のポストが望ましいです。

ピアスの位置

ピアスの位置やバランスは患者様のご要望を最大限考慮しますが、基本的なピアス穴の位置は下記の通りです。

片耳一つずつ、計2つのピアス穴を開ける場合

片耳一つずつ穴を開ける場合の「綺麗に見える黄金比」は、耳たぶの下端と耳の前線から7~8mm程、耳たぶの真ん中です。この位置は「ピアスによる裂傷が起こりにくい」箇所でもあるため、特に希望の無い患者様はこの位置がおすすめです。ただし、福耳で耳たぶが大きい方や揺れるフックタイプのピアスを希望する方は、真ん中よりやや下が適しています。

片耳に2つ以上、計3つ以上のピアスを希望する場合

片耳に2つ以上の穴を開ける場合は、耳たぶの真ん中から左右均等に距離を取り、ピアス位置を決定します。耳の形によって多少の個人差は生じますが、この位置はピアスとピアスの間が1cm程になるため、「キャッチ(ピアスの留め具)が耳の後ろで当たらない」「ピアスの穴が繋がるリスクを減らす」メリットがあるのです。

自宅でのアフターケア

当院でピアスの穴を開けた後は、化膿を防ぐために、自宅でのアフターケアが必要です。アフターケアの方法は、消毒薬をピアスのホールに乗せた後、ホールを数回前後に動かして消毒薬を行き渡らせる。これを朝晩毎日繰り返すだけです。

このアフターケアによって「菌による化膿を防ぐ」「皮膚がピアスにくっつくのを防ぐ」「回復を早める」3つの効果が得られるため、必ず忘れずに行ってください。その後、1~2ヶ月程で穴が完成したら、ファーストピアスを外してお好きなセカンドピアスを付けていただけます。

4ピアス穴あけの施術の流れ

  • 1. カウンセリング:
    医師が患者様のご要望を伺うと共に耳を診察して、適切なピアッシング位置と穴の個数を決定します。また、術後の仕上がりイメージ、アフターケアに関しても、詳しくご説明致します。
  • 2. 施術:
    施術箇所を消毒した後、ピアスガンで穴を開けたら終了です。施術時間は1穴につき3分程。ダウンタイムはないので、施術後はそのままご帰宅いただけます。

全国の中央クリニック

中央クリニックは全国20院。
お近くのクリニックにお気軽に
ご相談ください。

おすすめメニュー

ピアス穴あけ

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でも

[受付]9:30~20:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院
0120-472-331

ネットでも

ご予約・ご相談

二重・目もと

二重まぶた・目もと施術

アートメイク(眉・アイライン)