中央クリニック公式サイトhome > 診療ガイド > 大陰唇脂肪吸引

大陰唇脂肪吸引

2347-catch

大陰唇脂肪吸引とは

大陰唇は、脂肪に富んだふっくらとした形状を持つ部位です。しかし、中にはこの脂肪が多すぎて「擦れて邪魔になる」「下着からはみ出る」と言う悩みを持つ方もいらっしゃいます。

このように脂肪過多による大陰唇肥大は、脂肪吸引で脂肪を除去する事で、理想的なサイズに縮小できます。

中央クリニックでは豊富な症例数を誇る形成外科医が丁寧に脂肪吸引を行うので、術後は傷跡が目立たず、綺麗に仕上がります。

1大陰唇脂肪吸引がおすすめの方

  • 大陰唇が大きくて、下着になるのが恥ずかしい方
  • 下着や椅子に擦れる等、デリケートゾーンに違和感がある方

2大陰唇脂肪吸引の特徴・メリット

  • スッキリとした大陰唇が、半永久的に続く
  • 傷跡がほとんど残らない、綺麗な仕上がり

3大陰唇脂肪吸引の詳細

大陰唇は小陰唇(膣の周辺にあるヒダ)の隣にある、ふっくらとした形状の脂肪組織に富んだ左右対称の部位で、大きさには個人差があります。

大陰唇の平均的大きさについて

大陰唇の大きさには個人差があるものの、他人と比較出来ない部位だからこそ、自分の大陰唇は大きいのではと悩む方もいらっしゃいますよね。自分で判断する目安としては「擦れて邪魔になる」「下着からはみ出る」こうした症状が気にならない方は一般的な大きさであり、こうした症状に心当たりのある方は大きめといえます。

しかし、より正確に知りたい方は、中央クリニックの無料カウンセリングをおすすめ致します。医師による診察で症状のご確認をいただければと思います。

大陰唇縮小、脂肪吸引とは

大陰唇に蓄えられている脂肪細胞は、生まれつき数に個人差があります。にも関わらず、この脂肪細胞の量が今後増減する事は無いので、生まれつき脂肪細胞が多い方が大陰唇を縮小したい場合は、細胞自体の数を減らす脂肪吸引が最適です。

脂肪吸引で大陰唇の大きさを整える事で、「女性器全体の見た目が良くなる」「性交がしやすくなる」「年齢を重ねた時にたるみが生じにくい」と言ったメリットがあります。その上、脂肪吸引で減少した細胞数は今後増える事が無いので、施術後は半永久的にスッキリとした大陰唇が叶います。

中央クリニックだから出来る、正確な脂肪除去

一般的に大陰唇の脂肪吸引は、大陰唇に5mm程の穴を開けて、そこから吸引を行います。しかし、極めて小さい穴からの脂肪吸引は、簡単ではありません。それでいて取りすぎるとたるみが生じ、取る量が少ないと見た目の変化が出ないです。

そこで中央クリニックでは、豊富な症例数を誇る医師が、慎重に全体を確認しながら丁寧に吸引を行う事で、正確な脂肪除去をご提供しています。加えて5mm程の穴でも慎重にメスを入れるため、痕が残る事はほとんどありません。そのため多くの患者様から「希望通りの仕上がり」「やって良かった」等、沢山のお褒めの言葉を頂いております。

痛みとダウンタイム

大陰唇縮小の脂肪吸引は局所麻酔を行いますので、施術中の痛みはありません。術後にチクチクとした痛みを感じる方がいらっしゃいますが、処方した痛み止めを服用いただく事で症状は落ち着きます。

また、施術後に腫れや出血が生じるケースもありますが、1週間程で徐々に落ち着き始め、痛みを含む全ての症状は2週間程でほとんどが収まります。そして傷口経過が順調であれば、施術翌日からシャワー、2週間後に自転車と入浴、1ヶ月後に性行為が可能となります。

4大陰唇脂肪吸引の施術の流れ

  • 1. カウンセリング:
    医師が患者様の患部を診察のもと、脂肪の吸引量を決定します。また、施術後の状態やダウンタイムについて、詳しくご説明致します。
  • 2. 施術準備:
    施術箇所に局所麻酔を行い、Iラインを剃毛します。
  • 3. 施術:
    麻酔が効いたことを確認したら、目立たない部位を5mm程切開します。生理食塩水で脂肪を膨らませた後に吸引管にて脂肪を吸引、その跡切開箇所を丁寧に縫合して終了です。施術時間は30~40分程。

全国の中央クリニック

中央クリニックは全国20院。
お近くのクリニックにお気軽に
ご相談ください。

おすすめメニュー

婦人科形成
小陰唇縮小・副皮除去術
大陰唇
クリトリス包茎
処女膜再生
ピル
アフターピル

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でも

[受付]9:30~20:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院
0120-472-331

ネットでも

ご予約・ご相談

二重・目もと

二重まぶた・目もと施術

アートメイク(眉・アイライン)