中央クリニック公式サイトhome > 診療ガイド > 鼻下短縮術

鼻下短縮術

2534-catch

鼻下短縮術とは

日本人の鼻の下から上唇までの距離は平均1~1.5cmなので、この平均値より長いと鼻の下が長い印象を持たれると共に、顔が間延びして見えやすくなります。

中央クリニックでは、こうした鼻の下の長さに対して余分な皮膚と皮下組織を切除し、鼻の下の付け根に沿って縫合を行う事で、確実に鼻下の長さを短くします。

後戻りしない、メスを使った確実な短縮法なので、半永久的に誰が見ても美しいと感じる口元が叶います。

1鼻下短縮術がおすすめの方

  • 鼻の下が、人より長く感じる方
  • 顔の下半分が、間延びして見える方

2鼻下短縮術の特徴・メリット

  • メスで余分な皮膚と皮下組織を切除する、後戻りの無い確実な短縮方法
  • 鼻下だけでなく、顔の下半分をリフトアップする事で、美しい口元に近づける

3鼻下短縮術の詳細

日本人の鼻の下から上唇までの距離は平均1~1.5cmであり、鼻の下から口を閉じた時の上唇と下唇の境目対唇の境目から顎下までの長さで、誰が見ても美しいと感じる黄金比率が1:2です。

しかし、生まれつき鼻の下が長い、または加齢によって唇周りの筋力が衰えた事によって鼻の下が伸びた事によって鼻の下が長いと、平均長さや黄金比率からかけ離れ、顔が間延びして、「ぼんやりしている」「口元がだらしない」といった印象を持たれやすくなります。

中央クリニックでは、こうした長い鼻の下を短くする事で、誰が見ても美しいと感じる黄金比率に近づけて、「口元の印象を良くする」「顔の下半分をリフトアップ」2つの効果を叶えます。

中央クリニックの鼻下短縮術

鼻の下を切除する量によって、2つの施術方法があります。

比較的切除量が少ない方

カウンセリングで決定した鼻下の長さに対して、不要な部分をマーキングします。マーキング箇所の皮膚と皮下組織を丁寧に切除した後、残った鼻下の皮膚と皮下組織を上に引っ張りながら鼻の下で丁寧に縫合して終了です。鼻の下の付け根に沿って切開と縫合を行うので、傷跡はほとんど目立たないですが、切除出来る範囲は鼻の両穴より狭い部分かつ4~8mm程度の長さに限られます。

そのため、比較的症状の軽い、切除量の少ない方に適した施術方法ですが、鼻の下の短縮は数ミリの切除で大きく印象が変わります。また、鼻の下から上唇までの距離が0.8mm以下だと違和感が生じるため、1cm程の鼻の長さを残した方が綺麗に仕上がります。よって、ほとんどの方は鼻の両穴より狭い部分かつ4~8mm程度の切除で、十分な効果が得られます。

切除量の多い方

切除量が鼻の両穴より広い、かつ8mm以上の場合、鼻の両端からほうれい線に沿った部位を切除します。余分な皮膚と皮下組織を除去した後、鼻の下とほうれい線の付け根に沿って丁寧に縫合します。一度に多くの量を切除出来るので、鼻の下の長さが十分にあり、しっかりとした短縮を希望する方に向いています。

鼻の下だけでなくほうれい線の上部にも縫合跡が多少残りますが、時間の経過と共に徐々に薄くなります。ただし、ほうれい線のない方が行うと施術直後の縫合跡が目立ってしまうので、注意が必要です。

ダウンタイム

当院で行う全ての鼻下短縮術は局所麻酔を用いて行うので、施術中の痛みはありません。術後に痛みを感じますが、処方した痛み止めを服用いただく事で融和されます。

また、術後数日は腫れが生じるケースもありますが、時間と共に収まり、抜糸頃にはほとんど目立たなくなります。傷口の経過が順調であれば、シャワーは当日可能で、抜糸は7日後となります。入浴と激しい運動は抜糸後から可能です。

4鼻下短縮術の施術の流れ

  • 1. カウンセリング:
    医師が患者様の悩みとご要望を伺うと共に患部を診察して、施術方法と切除量を決定します。また、施術後の状態、ダウンタイム等についても、詳しくご説明致します。
  • 2. 施術:
    施術箇所に局所麻酔を注入して、麻酔が効いたのを確認。切除箇所をマーキングした後、マーキングに沿って丁寧に切除、縫合を行い終了です。施術時間は30分程。施術後はそのままご帰宅いただけます。

全国の中央クリニック

中央クリニックは全国20院。
お近くのクリニックにお気軽に
ご相談ください。

おすすめメニュー

口・唇

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でも

[受付]9:30~20:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院
0120-472-331

ネットでも

ご予約・ご相談

二重・目もと

二重まぶた・目もと施術

アートメイク(眉・アイライン)