中央クリニック公式サイトhome > 診療ガイド > 唇形成(唇をふっくら)

唇形成(唇をふっくら)

2533-catch

唇形成(唇をふっくら)とは

唇は顔の印象を左右する大切なパーツであり、唇が薄いと、「幸が薄そう」「老けている」といった印象を与えやすくなります。

中央クリニックではそうした薄い唇にヒアルロン酸を注入する事で、「ふっくらとした厚み」かつ「水分をたっぷり含んだプルンとした質感」の唇を叶えます。

また、注入方法によって唇の形を「美人に見える黄金比率」「アヒル口」「ポッテリとした唇」等、患者様の希望する形に近づける事も可能です。

それでいてヒアルロン酸は元々体内にある成分なので、アレルギーの心配はありません。「安全性」「効能性」「手軽さ」を兼ね備えた、当院でも人気の高い施術です。

1唇形成(唇をふっくら)がおすすめの方

  • 唇をふっくらとさせたい方
  • 唇を理想の形にして、顔の印象を華やかにしたい方

2唇形成(唇をふっくら)の特徴・メリット

  • 豊富な症例数を誇る経験豊富な医師が、患者様のご希望する形と厚みに仕上げる、満足度の高い施術
  • アレルギーの心配がほとんど無い、安全性に優れた施術
  • わずか5~10分の施術時間で綺麗になれる、手軽な美容整形

3唇形成(唇をふっくら)の詳細

唇は顔の印象を左右する大切なパーツですが、年齢と共に内側に入り込んで薄くなり、顔立ちがぼやけていきます。そのため唇が薄い方は、「幸が薄そう」「老けている」といった印象を持たれやすく、逆にポッテリとした唇は「若々しい」「セクシー」な印象を与えます。

そんな唇の厚みは生まれつき決まっており、日本人の唇は上唇8mm、下唇10mmが平均的な厚みです。この平均値よりも薄い方は唇やグロスでボリュームを出しても、ポッテリとした厚めの唇にする事は難しいでしょう。

そこで中央クリニックは、ヒアルロン酸注入を用いて、患者様の唇を「希望の厚みと形」に形成致します。

ヒアルロン酸とは

私達の身体は無数の細胞から成り立っていますが、加齢と共に細胞はバラバラになり、バラバラになった細胞間に隙間が出来る事で「唇が薄くなる」「縦シワが出来る」といったデメリットが生じます。

ヒアルロン酸はそうした体内の細胞と細胞をくっつける事で、加齢による細胞間の隙間を無くして「薄くなった唇をふっくらさせる」と共に生まれつき薄い唇の細胞にボリュームを持たせて「唇を厚くする」効果があります。

さらにヒアルロン酸は、ヒアルロン酸自体の99%が水分という高い水分保持力を持っている成分なので、注入箇所の細胞と細胞の間を水分で満たして、施術後の唇を「プルンとした潤いのある唇」に導いてくれます。

安全性に優れた、手軽な施術

ヒアルロン酸は元々皮膚や筋肉、軟骨等を構成する、人間の身体にある成分なので、アレルギーの心配がほとんどありません。また、注入後は半年程かけて徐々に分解されていく上、万が一気に入らない場合はヒアルロン酸溶解注射で溶かす事が出来ます。

それでいて、術後の腫れや赤みは極わずかなので他人に気づかれる心配がほとんど無い、「安全性」「効能性」「手軽」を兼ね備えた、当院でも需要の多い施術です。

中央クリニックによる、ヒアルロン酸注入

中央クリニックではヒアルロン酸を注入する事で、患者様の唇をご希望の厚みとデザインに形成致します。最終的な仕上がりは患者様のご要望にお応え致しますが、ここでは需要の多いベーシックな厚みと形をご紹介します。

唇の黄金比率

どの年代の方が見ても美しいと感じる唇の黄金比率は、上唇対下唇が3~4対5の割合です。そのため当院では、患者様のご要望が特に無い場合、この黄金比率に沿った厚みを推奨します。どちらか片方だけの唇が薄い場合、上唇または下唇だけ等薄い方に注入して、バランスを整える事も可能です。

平均的な厚みにする

日本人の唇の平均的な厚み(上唇8mm、下唇10mm)に合わせて、ヒアルロン酸を注入します。唇の薄さは解消したいけど、急にポッテリとした厚い唇になるのは恥ずかしい。唇を目立たせたくないという方におすすめです。

アヒル口

上唇の赤い粘膜と肌色の境目部分にヒアルロン酸を注入すると、唇を前に突き出していて、かつ口角が常に上がっている、いわゆるアヒル口と言われる唇を、形成する事が出来ます。アヒル口は、表情が明るく見えてセクシー、といった理由から人気が高く、芸能人やモデルで行っている方が多い、流行に沿った形です。

しかし、一般人の中にはそこまでのアヒル口を求めていない方もいらっしゃいます。そうした方に対しては、常に唇を突き出している程のアヒル口ではなく、自然に口角だけが上がる程度の自然なアヒル口にする事も出来ます。

ポッテリとした、セクシーな唇

外国人セレブのように、厚みがあってポッテリとした唇は、セクシーで健康的な印象を与えます。こうしたポッテリとした厚め唇は、通常両唇で1cc程のヒアルロン酸を、2cc程注入する事で叶います。唇を万遍なくポッテリとさせる事はもちろん、厚めのアヒル口に形成する等、厚めかつ希望の形にする事も可能です。

4唇形成(唇をふっくら)の施術の流れ

  • 1. カウンセリング:
    医師が患者様のご要望を伺うと共に唇を診察して、ヒアルロン酸の注入量と注入箇所を決定します。同時に仕上がりイメージや吸収されるまでの時間等についても、詳しくご説明致します。
  • 2. 施術:
    医師がバランスを見ながら、丁寧にヒアルロン酸を注入して終了です。施術時間は5~10分程。ダウンタイムはないので、術後はすぐにご帰宅いただけます。

全国の中央クリニック

中央クリニックは全国20院。
お近くのクリニックにお気軽に
ご相談ください。

おすすめメニュー

口・唇

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でも

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院
0120-472-331

ネットでも

ご予約・ご相談

二重・目もと

二重まぶた・目もと施術

アートメイク(眉・アイライン)