中央クリニック公式サイトhome > 診療ガイド > 立ち耳形成

立ち耳形成

2530-catch

立ち耳形成とは

本来人間の耳は、対耳輪という耳の外側を覆う軟骨の耳を押さえる働きによって、耳が頭の側面に沿って寝た状態になっています。

しかし、この対耳輪の発達が悪い、または寝かせる力が弱い事が原因で、頭の側頭部と耳の角度が30℃以上に立っている耳を、立ち耳といいます。

立ち耳は、真後ろからの声が聞こえにくい。耳が大きく見えてバランスが悪い。等のデメリットが生じる他、海外では悪魔の耳と言われて宗教的に大変敬遠される形態です。

中央クリニックではこうした立ち耳に対して、耳介軟骨を加工して新しい対耳輪を形成。新しく形成した対耳輪がしっかり耳を寝かせる事で、立ち耳を根本的に修正致します。

1立ち耳形成がおすすめの方

  • 立ち耳を改善したい方
  • 一度の施術で、半永久的な効果が欲しい方

2立ち耳形成の特徴・メリット

  • 新しい対耳輪を形成して、立ち耳を根本的に改善
  • 耳の後ろを切開するから、傷跡が目立たない

3立ち耳形成の詳細

本来人間の耳は、頭の丸みに沿って寝た状態で付いています。この状態に対して、頭の側頭部と耳の角度が30℃以上立っている耳を、立ち耳といいます。立ち耳は、「真後ろからの声が聞こえにくい」「耳が大きく見えてバランスが悪い」「メガネがかけづらい」等のデメリットが生じるほか、海外では悪魔の耳と言われて宗教的に大変敬遠される形態です。

中央クリニックではこうした立ち耳を修正して、「日常生活のデメリットを解消する」「世界中の誰が見ても美しいと感じる耳に形成する」という2つの効果をご提供致します。

立ち耳の原因と修正方法

私達の耳は、対耳輪という耳の外側を覆う軟骨が耳を押さえる事で、耳が頭の側面に沿って寝た状態になっています。それに対し、この対耳輪の発達が悪い、または寝かせる力が足りない事が原因で生じるのが、耳が立った状態の立ち耳です。

中央クリニックはこうした症状に対して、耳の後ろ側にメスを入れて3~5mm程の切開を行い、耳介軟骨を加工して対耳輪を形成した後に縫合します。新しく形成した対耳輪がしっかり耳を寝かせる事で、立ち耳を根本的に改善して半永久的に綺麗な耳を叶えます。それでいて、耳の後ろ側にメスを入れるので、傷跡はほとんど目立ちません。

痛みとダウンタイム

当院による立ち耳修正は局所麻酔を用いて行うので、施術中の痛みはありません。施術後は痛みが生じるケースがありますが、処方した痛み止めを服用いただく事で痛みは融和されます。

傷口の経過が順調であれば、シャワーは当日(患部はこすらない)から可能です。1週間後に抜糸となります。抜糸までの間は、縫合箇所に不必要な刺激を与えないために、寝る時等に耳を押し付ける行為は避けてください。

4立ち耳形成の施術の流れ

  • 1. カウンセリング:
    医師が患者様の悩みを伺うと共に患部を診察。施術後の状態やダウンタイム、金額等について、詳しくご説明致します。
  • 2. 施術:
    患部に局所麻酔を行い、麻酔が効いたのを確認したら耳の後ろを切開。丁寧に対耳輪を形成した後に縫合して終了です。施術時間は30分程。施術後はすぐにご帰宅いただけます。

全国の中央クリニック

中央クリニックは全国20院。
お近くのクリニックにお気軽に
ご相談ください。

おすすめメニュー

でべそ
その他

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でも

[受付]9:30~20:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院
0120-472-331

ネットでも

ご予約・ご相談

二重・目もと

二重まぶた・目もと施術

アートメイク(眉・アイライン)