中央クリニック公式サイトhome > 診療ガイド > ベイザーシェービング法

ベイザーシェービング法

2003-catch

ベイザーシェービング法

ワキガの原因や症状の軽重やその方の希望を鑑みて、治療法も変える必要があります。

ニオイという繊細な悩みを改善するために様々な治療法が考案されてきましたが、気にされる方がもっとも多く、解消するために試行錯誤した最大の問題は、傷跡に関することではないでしょうか。

たとえ気になる臭いがなくなったとしても、大切なお肌に傷跡が残ってしまったら、今度はそれが悩みのタネになってしまうことが懸念されます。

そこで今回は、ほんの小さな傷跡でも臭いのもとであるアポクリン腺をしっかりと除去してニオイを軽減することができる「ベイザーシェービング法」について解説いたします。

1「ベイザーシェービング法」の特徴

ベイザー波という36kHzに絞った特殊な領域の超音波振動を照射する事ができる特許を取得したベイザーリポ(VASER Lipo)という脂肪吸引で使用している特殊な医療機器によって、血管、神経などの周りの組織を傷つけることなく脂肪を乳化させてからアポクリン腺のみを溶解・焼却します。

焼却後の組織は正常な皮膚組織を傷つけないことを目的に考案されたカニューレという先端が丸くなった最新医療機器を使って体外へ吸い出すような方法で排出します。この皮下組織を安全に効率よく吸入することに特化した機器を使うことによって、従来の吸入法に比べて、よりアポクリン腺を多く除去する事ができるようになりました。

ベイザーシェービング法のメリット

  • 傷跡がわずか1cm程度と小さくほとんど目立たない
  • ワキガ・多汗症のどちらにも適応
  • 従来の吸引法より臭いを軽減させる効果が高い
  • 腫れや痛みが少なくすむ

ベイザーシェービング法のデメリット

  • 小さいとはいえ傷跡が残ってしまう
  • 麻酔が切れると痛みが出てくる
  • 短期間だがダウンタイムがある

2こんな方におすすめ

  • 1回の治療で効果を実感したい
  • ワキガのニオイをなんとかしたい
  • ボトックス注射やほかの方法では望んだ効果を得られなかった

3おわりに

ニオイも傷跡も、人とのコミュニケーションにおいて弊害となるという共通点があります。仕事においてもプライベートにおいても、人との円滑なコミュニケーションは人間が生きていく上で欠かせないものですので、たかがニオイと甘く見ていてはいけないのかもしれませんね。

ベイザーシェービング法以外にも傷跡を残すことなくワキガや多汗症の治療ができる治療も開発されていますので、一度、医師のカウンセリングを受けてみませんか。

全国の中央クリニック

中央クリニックは全国20院。
お近くのクリニックにお気軽に
ご相談ください。

おすすめメニュー

ワキガ・多汗症とは
臭いの原因と予防法
多汗の原因と予防法
ワキガ・多汗症の治療法

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でも

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院
0120-472-331

ネットでも

ご予約・ご相談

二重・目もと

二重まぶた・目もと施術

アートメイク(眉・アイライン)