中央クリニック公式サイトhome > 診療ガイド > アートメイクの魅力

アートメイクの魅力

【クリニックで実現】ノーメイクでも自信が持てる!自然な仕上がりのアートメイク

  • アートメイクは、“医療行為”です!
  • 【水・汗にも強い!】ノーメイクでも、綺麗な私へ
  • アートメイクで、毎日のメイク時間を短縮

忙しい現代女性に高い人気を誇る、「アートメイク」。しかし、近年アートメイクの失敗事例や無資格サロンとのトラブルについてニュースで度々耳にすることから、その安全性を心配される方もいらっしゃるようですね。
そこで、中央クリニックがアートメイクの安全性と魅力と、当院にも多く寄せられる疑問・質問を元に、気になるポイントの数々をご紹介いたします。

1アートメイクとは

アートメイクは、タトゥーの一種です。
ただし、一般的なタトゥーのように、絵柄を描くというよりも、[アイライン、眉毛、唇(リップライン)]など、気になる部位に線を入れる施術のことをアートメイクと言います。

また単に顔を華やかにするだけではなく、顔のコンプレックス改善にも多く活用されています。

【例】

  • 眉毛の位置が気になるので、整えたい
  • 血色が悪く、くすんだ唇や頬に色を入れて、顔色をよく見せたい
  • 病気や怪我で欠損した顔パーツを補修したい など

多忙を極める芸能人も多く入れていることが多く、メディアでも度々取り上げられています。その影響もあってか、近年ではメイクをする感覚でアートメイクを入れている20~60代と幅広い層の方が増加している、大変人気の高い施術と言えるでしょう。

アートメイクは、医療行為です!!

そもそものところ、アートメイクは「医療行為」です。
つまり、本来であれば医療機関でしか、施術を受けることはできません。

一方、エステサロンで、個人経営のプライベートサロンでなどで施術を受けた、という方の体験談を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?
このような実態とのギャップがあると、「そもそもアートメイクは、どこで入れられるのか?」 そのような疑問が、頭に浮かぶ方も少なくはないと思います。

というのも、アートメイクは人気の高い施術にも関わらず、施術を取り扱っているクリニックは、東京エリアでさえも、まだまだ少ないのです。
だからこそ、アートメイク=サロンで受けるのが一般的、と誤解している方がいらっしゃるのかもしれませんね。

さて、アートメイクは医療行為だとわかったところで、真実を見つめてみましょう。

よく耳にするサロンでのアートメイクは、違法行為ということに。
そのためニュースやメディアでも度々、「無資格の施術者」によるアートメイクトラブルに関する報告がされているというわけですね。

そのためアートメイクを安心して入れるためにも、クリニックへの受診を強くおすすめいたします。

アートメイクの施術内容

アートメイクは、皮膚の内部(表皮から0.01ミリ~0.03ミリの深さ)に、インクを入れていく施術となります。

また施術方法は、大きく分けて2つ。下記いずれかの方法で、施術を行います。

  • 手彫り
  • マシン(機械)による施術

尚、中央クリニックでは、針を使う施術のため、痛みに対する不安感をお持ちの方も多いことから、痛みを軽減することを目的に、「マシン」を使用して施術を行っています。

アートメイクをお勧めしたい方

アートメイクは、このようなご希望をお持ちの方にお勧めの施術です。

  • ノーメイクでも、綺麗でいたい
  • スッピンになったとき、眉毛やアイラインがある状態をキープしたい
  • メイク時間を短縮ができるよう、アートメイクでベースを作りたい
  • 眉毛が薄いので、カバーしたい
  • 以前に施したアートメイクが薄くなってきたので、補修したい
  • 顔パーツのバランスにコンプレックスを感じている
  • 乳がんなどの手術で、失った乳輪(乳首)を再建したい

2多くの芸能人も入れているアートメイク人気の部位

医療行為として、安全に施術を行うことで、素顔でもメイクをしているような状態をキープできる、アートメイク。
メイク時間も短縮できる、さらにはいつも美しさを保つことができるというメリットから、芸能人の方も多くいれています。
そこで、アートメイクのなかでも特に人気な部位とは一体どこなのか、ご紹介しましょう。

アイライン(上下)

まぶたの上下に線を入れる、アイライン。まぶたは皮膚も柔らかく、曲線を描く形状をしていることから、なかなか上手く描けないという方も多いのではないでしょうか? さらにアイラインは、時間の経過と共に薄くなっていくため、メイク直しが必要になることもしばしば。

こういった点を解決すべく、アイラインにアートメイクを施す方も多くいらっしゃいます。
またアイラインといえば、まぶたの上はもちろん、粘膜部分に線を描く下まぶたのラインも難しいという点から、アイラインのアートメイクは上下で入れる方も多いと言えます。

アイメイク同様、眉毛は顔の印象を大きく左右するパーツの一つですよね。そのため多くの方が、眉毛を美しく整えていると思います。しかし、自己流な眉毛のお手入れがゆえに、素顔になったら、「眉毛が薄い」「眉毛が途中で切れている(目尻上までない)」という方もいらっしゃるのではないでしょうか? そして、水や汗で眉毛につけたしたアイブロウが取れて、素顔の眉毛状態が露わになることを恐れる方も。
つまり、眉毛のお手入れも、なかなか難しいと感じる方が多いことから、アートメイクで綺麗な眉の状態を保ちたいと思う方も少なくはないのです。

また顔の印象に残る眉毛の形について、「あの有名女優さんのような、眉毛の形をキープしたい!」とご希望される方もいらっしゃいます。そういった「理想的な眉毛」を保つことができるのも、アートメイクの魅力の一つと言えるでしょう。

唇のラインをはっきり見せるために、リップラインを描いたことがある方もいらっしゃることでしょう。このリップライン、メイクとしては、「全ての方が行っているマストなもの」、とはまだまだ言えないのですが、唇をセクシーに見せたい、もしくは薄い唇がコンプレックスな方にとっては、欠かせないメイク術となっているようです。
ただしリップラインはもちろん、口紅であっても、食事をしているとき、話をしているときなど、日常生活のなかで唇のメイクは取れやすいと言えます。

そのため、アートメイクを施すことで、いつでも輪郭のはっきりした唇を保ちたいというご希望も多いのです。

乳輪(乳首/乳頭)

「乳輪にアートメイク」という状態のイメージがつかない、という方も少なくないと思います。しかし乳輪の色が黒い、もしくは薄いなど、コンプレックスを感じている方には救世主となる施術と言えます。また乳輪へのアートメイクは、乳がんなどの病により、乳房を失ってしまった方に施すケースも多いのです。

乳がん手術により乳房を失った際に行う乳房再建手術では、まず乳房の高まりそのものを再建した上で、アートメイクを施して乳輪の再建を行うことが一般的に。
ただし、乳輪の再建は、他のアートメイクのように線を描くのではなく、いかに立体的に仕上げることができるのか、その技術力がとても重要となります。

3アートメイクのデザイン「3D・4Dストローク」とは? 」

アートメイクの強みは、ご自身の理想に掲げる顔パーツに近づけること。そのため、中央クリニックで行うアートメイクでも、優れたデザイン技術を元に、施術を行っています。

なかでもクリニックで行う技法として、多く比較されるのが、「3Dストローク」「4Dストローク」という技術。クリニックのアートメイクに関する値段表を見ていても、「3Dまたは4D」のように記載されているケースも多く見かけます。

では、この違いは一体どのようなものなのか。その差は、「より自然な仕上がりになる」技術という点。毛の流れに沿って、一本一本、丁寧にアートメイクを施すことで、より自然な立体感を実現できる技術です。

また3D・4Dの差については、映画のそれと同様にイメージするとわかりやすいかと思います。つまり、3Dよりも4Dの方が、より立体的となりますよね。
ただし、必ずしも全ての方にとって、3Dよりも4Dの方が良い、というわけではありません。ご自身の眉毛における毛の流れや量などとのバランスを計りながら、あなたにとって最適なデザイン技術をご提案いたします。

4クリニック選びで気を付けたいポイント

アートメイクは医療行為のため、医療機関で適切な施術を受けることが安全への最大のポイントとなります。しかし、医療機関であれば、どこで受けても、理想的に仕上がるとは限りません。

大事なのは、「あなたに合った、アートメイクを施せる技術」です。

例えば、眉毛一つをとっても、毛の色、流れ、ボリュームなど、その形状は人それぞれに異なりますよね。アイラインにしても、一重まぶた、二重まぶた、目の幅など異なる部分も多いので、目尻の長さを間違えると時代遅れの印象になることも。また年齢によって目じりが下がることも考慮して入れてもらう必要もあります。
つまり、全ての方に全く同じ施術を行うというわけにはいかないのです。

そして、お一人おひとり異なる条件を考慮しながら施術を行う上で、目指すべきゴールは「より自然な仕上がり」。もちろん、はっきりと仕上げたいとご希望される方もいらっしゃいますが、ベースの理念となるのは、いかに自然な仕上がりを実現するか、だと言えます。

そのためクリニックを選ぶ際には、クリニックの臨床経験から高い技術力を見極めると同時に、カウンセリングにも注目してみてください。
あなたに合った色味、デザインを見つけられるのは、経験とセンスがあってこそのことです。

価格や雰囲気、通いやすさも大事ですが、何よりも大切にしていただきたいのは、カウンセリングでご自身の納得・安心ができるクリニックかどうかを見極めること。そのポイントを、強くお勧めいたします。
また、3Dや4Dなどのデザインでもかなり印象が変わるので、この点の技術が可能なクリニックであるかどうかも、見極める必要があります。

ですので、あなたがカウンセリングに訪れたクリニックでは、これまでどのような技術を施してきたのか、気になる点を十分に確認することが、満足のいくアートメイクを実現する秘訣です。

5中央クリニックのアートメイクが選ばれる理由

中央クリニックは長年にわたる実績のなかで、医療アートメイクの臨床実績も積み重ねてまいりました。

そのため、お一人おひとりに合ったアートメイク技術を施すことはもちろん、あなたの理想により近づけることも重要視しています。だからこそ、カウンセリングとコミュニケーションを重要視しながら、これまで培った技術を最大限活かした施術を実現しているのです。

ですので、アートメイクについて、気になる点、不安な点がありましたら、遠慮なく医師や専門スタッフまでご相談くださいませ。安心して施術を受けていただけるよう、丁寧にご説明、回答させていただきます。

6【アートメイク】治療の流れ

① 無料カウンセリング・診察

中央クリニックでは、各院 院長自らが診察・施術を行っています。
そのため初回の無料カウンセリング時には、専門カウンセラーによるヒアリングだけではなく、院長の診察を行った上で、あなたに合ったアートメイクの施術プランをご提案、ご説明いたします。

② 施術

院長(医師)または看護師が、カウンセリングで決定したデザインを元、丁寧にアートメイクを施します。

【施術時間の目安】
両眉 1時間程度
アイライン上 1時間程度
アイライン下30分程度
リップライン 1時間程度
フルリップ  1時間半程度

③ アフターケア

中央クリニックでは、施術だけではなく、術後のアフターケアも重要と考えています。ご自宅に戻られてから、施術部分に対しどのような点に注意すべきか、効果を持続するために心がけていただきたいポイントなどを丁寧にご説明いたします。ですので、不安や心配な点は、ぜひご遠慮なくお尋ねいただき、すべて解決してからお帰りくださいませ。

また中央クリニックでは、万が一、肌トラブルが発生した場合、それに伴う診察・処置、薬の処方などもすべて、無料となっております。さらに24時間体制のサポートもご用意しておりますので、気になる点がございましたら、ぜひご活用ください。

7【アートメイク】のココが気になる!

人気の高いアートメイクだからこそ、豊富な臨床経験を持つ中央クリニックにも、多くのご不安、心配の声が寄せられています。そこで、アートメイクについて、「よくあるご質問」をいくつかご紹介しましょう。

痛みはありませんか?

アートメイクは針を皮膚に刺す施術ですので、そのまま施術を行うと、多少の痛みを伴う可能性があります。そのため、中央クリニックでは、施術前に皮膚の表面麻酔を用いて、取り組んでおりますので、ご安心ください。
さらに痛みに弱い方や、唇、頬(チーク)など施術範囲が広い場合には、局所麻酔を用いて施術を行うこともあります。

施術後に腫れたりかさぶたができたりしますか?

施術後は、腫れや赤みを抑制させるため、施術箇所のクールダウンを十分に行っています。しかし、それでも多少の腫れや赤みを伴うこともありますが、そのほとんどが2~3日程度で症状が治まります。また施術箇所には擦り傷のようなかさぶたができることもありますが、こちらも時間の経過と共に自然と剥がれてくることでしょう。

とはいえ個人差もありますので、術後しばらく経っても腫れや赤みがひかない場合には、ご遠慮なく医師までご相談ください。必要であれば、炎症を抑える薬など、適切な処置をさせていただきます。

施術は1回で終わりますか?

また施術の際には、一度の施術では色が定着しづらい為、左右や全体のバランス、インクの濃さや色味を慎重に調節しながら、数回に分けて施術を行うのが一般的です。

アートメイクは基本的に1回の施術で完了することもできます。しかし、一度の施術で仕上げるには、インクが定着しづらいという心配点があります。一方、一回の施術で定着させるため、墨を濃くするなどの対策を行うこともありますが、この場合、かなり目立った仕上がりになってしまいますので、お勧めはできません。
より自然な仕上がりにするためにも、できれば3回程度に分けて、まんべんなくインクを皮膚内部に入れていくのが良いかと思います。また、こうすることで、アートメイクを長持ちさせることができるというのも、推奨する理由です。

アートメイクはどれくらいもちますか?一生消えることはありませんか?

アートメイクは、一般的なタトゥー、刺青のように、永続的に保てるものではありません。
なぜならアートメイクは、表皮部分にインクを入れる施術のため、ターンオーバー(肌の新陳代謝)と共に、少しずつインクも皮膚の外へと排出されていくからです。

そのためアートメイクの持続期間は、平均的に3~5年程度と言われています。とはいえ、再度インクを入れる補修を行えば、綺麗な状態を保つこともできますので、「薄くなってきた」と感じた時点で、メンテナンスをされることをお勧めいたします。

自然な仕上がりになりますか?

アートメイクをより自然に仕上げるためには、デザイン力と、技術力、そして施術部分本来の状態から適した施術プランをしっかり見極めるスキルが必要となります。

尚、中央クリニックでは、開院以来30年、アートメイクを行ってきた実績がございますので、この点についても十分心がけて施術に取り組んでおりますので、ご安心ください。

施術後はいつからメイクができますか?

アートメイクの施術後1週間程度は、できる限り施術箇所を避けて、お化粧を行ってください。もちろん、施術箇所以外であれば、当日からメイク可能です。

またアイライン施術の場合、施術当日はコンタクトの着用を控えることをお勧めいたします。翌日以降は、腫れや炎症がひいていて、ご自身が痛みを感じなければつけても問題ありません。ただ、症状の変化に注意し、腫れや痛みが生じた際には、腫れや痛みが治まるまでコンタクトの使用を中止してください。

また、3Dや4Dなどのデザインでもかなり印象が変わるので、この点の技術が可能なクリニックであるかどうかも、見極める必要があります。
ですので、あなたがカウンセリングに訪れたクリニックでは、これまでどのような技術を施してきたのか、気になる点を十分に確認することが、満足のいくアートメイクを実現する秘訣です。

全国の中央クリニック

中央クリニックは全国にございます。
お近くのクリニックにお気軽に
ご相談ください。

おすすめメニュー

二重まぶた・目もと施術
アートメイク(眉・アイライン)

中央クリニックメンズサイト

中央クリニック for Men 手に入れろ、男前力

ご予約・お問い合わせお待ちしております!

0120-472-331

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院

カウンセリング・ご予約はこちら 24H 受付