中央クリニック公式サイトhome | 公式ブログ | 夏の日焼け肌、秋にすべき肌ケアとは?~高濃度ビタミンC点滴のススメ~

公式ブログ

公式ブログ

夏の日焼け肌、秋にすべき肌ケアとは?~高濃度ビタミンC点滴のススメ~

夏の日焼け肌、秋にすべき肌ケアとは?~高濃度ビタミンC点滴のススメ~

7月に比べると、少し日差しも和らいだように感じますが、まだまだ肌に差し込む日差しをじりじりと感じています。そしてついに私、軽い熱中症にかかってしまいました……

帽子着用、水分必須で夏レジャーを楽しんでいたものの、普段の体力不足からか、帰宅中から翌日まで、頭痛と吐き気の嵐(泣)

まだまだ暑い日が続くと思いますので、皆様、ご自愛くださいませ。

 

さてさて、当ブログでは7月から「日焼け」をテーマにお話ししてきました。

それもこれも、この暑すぎる気候がゆえに!

例年日焼け対策をばっちりしている方でも、今年の日差しの強さにはあらがえないのでは?(汗)

 

私の知人でもいます。「ついうっかり、日焼け」をしてしまった人が。

正確にいうと、日傘・帽子・日焼け止めを万全にしていても、日焼けをしてしまった。という方が、正しいかもしれません。

 

そう考えると、8月からは、こんなテーマも考えていきたいのです。

 

『夏の日焼け肌、秋にどうやってケアをするべき?』

 

日焼けした肌には、ビタミンCを補給

夏に日焼けをした肌は、「秋の肌ケア」がとても重要となります。

なかでも中央クリニックがお勧めしたいのは、「ビタミンC」の補給。

 

レモンやイチゴに含まれていることでお馴染みのビタミンCですが、実は日焼け肌にとっても強い味方に。

なぜならビタミンCは、日焼け前と日焼け後の肌、それぞれに効果をもたらすからです。

 

紫外線を浴びると、肌内部ではその紫外線によるダメージから肌を守ろうと、メラニンが生成されます。

こうして夏のうちに蓄積されたメラニンは、肌に色素沈着して、こんがりとした日焼け肌はもちろん、シミの原因にもなるのです。

 

その点でビタミンCは、メラニンの生成を抑える効果と、メラニン色素を減少させる効果を持っています。

そのため、すでに日焼けをしてしまった肌にも、ビタミンCを補給することで、メラニン色素を薄くする作用が期待できるというわけなんですね。

 

レモン1200個分の効果!『高濃度ビタミンC点滴』のススメ

ビタミンCがメラニン色素の排出に効果をもたらし、日焼け肌をケアするという点がわかったところで、

次は、「どのように、ビタミンCを摂取するか」に着目してみましょう。

 

ビタミンCは果物や野菜などにも含まれていますが、正直食べ物からの摂取で身体に取り込める栄養素というのは微々たるものです。

 

そこで中央クリニックでは、ビタミンCを効率的に補給できる「高濃度ビタミンC点滴」をお勧めいたします。

今や、美肌のために点滴や注射で栄養素を補給するのは、身近な美容ケアとなってきました。

そして、高濃度ビタミンC点滴も、その一つ。

 

高濃度ビタミンC点滴(25g)を点滴することで一度に摂取できるビタミンCの量は、なんと!

レモン1200個分と言われています!!!!!

 

【高濃度ビタミンC点滴の作用】

・シミやそばかす、くすみの改善(メラニン色素への働き)

・アンチエイジング効果(高い抗酸化力)

 

 

夏の日焼けは、想像以上に肌にダメージを与えています。

この先も長く、美肌を保つためにも、秋の肌ケアについて、真剣に考えてみませんか?

 

中央クリニックのカウンセリングでは、今回ご紹介した高濃度ビタミンC点滴はもちろん、じっくりとヒアリングを行ったうえで、あなたに合った美肌治療をご提案いたします。

まずは無料カウンセリングにて、今のお悩みをお聞かせください。

 

☆次回のブログテーマ*。:.*。.*。:.*。:.*。:.*。:.

『夏の日焼け肌、秋にどうやってケアをするべき?』続編!

【フォトフェイシャル】

*。:.*。.*。:.*。:.*。:.*。:.*。:.*。.*。:.*。:.*。:.

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でも

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院
0120-472-331

ネットでも

ご予約・ご相談

二重・目もと

二重まぶた・目もと施術

アートメイク(眉・アイライン)