中央クリニック公式サイトhome | 公式ブログ | ハワイ州2021年1月より、「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」含有の日焼け止め販売禁止

公式ブログ

公式ブログ

ハワイ州2021年1月より、「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」含有の日焼け止め販売禁止

ハワイ州2021年1月より、「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」含有の日焼け止め販売禁止

日差しの厳しい季節が続くなか、皆様、紫外線対策は万全ですか?

 

私は例年日焼け止めクリームと日焼け止めサプリメント程度で、日差しが強い日は日傘を持っているというスタイルだったのですが、今年は毎日日傘が欠かせません。

なんでしょうね、この日差しの強さ。今年は異常に暑いように思います。

 

さて、日焼け止めクリームにも、様々な種類がありますよね。

紫外線吸収効果が高いケミカル成分が含まれているものもあれば、肌に優しい無添加の日焼け止めクリームも。

しかし、国や地域によっては、日焼け止めクリームに含まれる成分に制限を持つこともあります。

 

その地域とは、「アメリカ合衆国ハワイ州」

ハワイといえば、この夏も、バケーションに訪れる方も多いのではないでしょうか?

本日は、ハワイにおいて、販売禁止される日焼け止めクリーム成分についての話題を取り上げたいと思います。

 

海の美しいハワイで、「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」含有の日焼け止め販売禁止

日本人にとっても、身近に感じる楽園・ハワイでは、2021年1月からサンゴ礁保護の観点から、ある2つの成分が含まれる日焼け止めが販売中止となります。

その成分とは、紫外線吸収剤の「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」

 

■オキシベンゾン

その他の表記名 ジヒドロキシジメトキシ

日本でも、多くの化粧品にも含まれている成分です。

また過去には日本で販売される日焼け止めクリームにも含まれている成分ではありましたが、化学成分のため、光アレルギー反応を起こす可能性が危惧されたことから、現在の日本製品では、オキシベンゾン含有の日焼け止めクリームはそう多くありません。

またオキシベンゾンは、製品中の含有量が多くなると、肌や健康への影響が心配されているため、化粧品に含まれている成分も、ごくわずかと言えます。

 

■オクチノキサート

日本表記名 「メトキシケイヒ酸エチルへキシル」
日本では現在も、紫外線吸収剤として、日焼け止めクリームへの含有が多い成分です。
ケミカル(化学)成分の紫外線吸収剤のなかでは、刺激が比較的に弱いとされています。
このように、ハワイ州で今後制限される「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」は、含有量さえ多くなければ、肌や健康に強い悪影響を及ぼすものではありません。ただし、いずれも化学成分という特性上、体質的に肌との相性が悪い、もしくはアレルギー反応を起こす可能性は否定できません。
しかし、繰り返しにはなりますが、ハワイ州でこれらの成分が含まれる日焼け止めクリームが制限されるのは、「人間」のためではありません。

 

これらの化学成分が、サンゴ礁へ害を与える危険性が考えられるからです。

日本人をはじめ、世界中の人々が集まり、その美しさに魅了されるハワイの海。

その美しさを守るためにも、そしてそこに住む生き物たちの健やかな暮らしを守るためにも、ハワイ州はこれらの成分が含まれる日焼け止めクリームの販売禁止を予定していると言います。


 

「オキシベンゾン」や「オクチノキサート」配合の日焼け止めクリーム、日本から持ち込むのはNG?

ハワイ州にて販売禁止される、「オキシベンゾン」や「オクチノキサート」含有の日焼け止めクリームではありますが、例えば日本で同じ成分が含まれる製品を購入して、ハワイに持ち込む場合は、何か問題があるのでしょうか?

 

その答えから言うと……日本をはじめ、観光客が持ち込んだ製品に、使用規制はありません。

言うならば、現地(ハワイ州)で、強い日焼け止めクリームを購入できない程度、と言えます。

 

しかし、せっかくハワイ州がサンゴ礁保護を考えている中、私たちがその成分を気にせず使ってしまうというのは……少し悲しいかな、と私は思います。

実際に、現地のシュノーケルツアーなどでは、サンゴ礁に有害性を及ぼさない日焼け止めクリームを船で用意し、乗客に使用を促すケースもあるなど、政府だけではなく、地元民も協力して守ろうとしているサンゴ礁。

 

ハワイを愛する観光客としても、ぜひ気を付けたいポイントです。そしてハワイだけでなく、私たちがレジャーを楽しみ、生活にも密着している海を守るためにも、私たち一人ひとりが意識すべきことなのではないでしょうか?

 

とはいえ、太陽がサンサンに降り注ぐ、夏の日差し。

「日焼け止め効果の強いものを使えないのは、少し心配」と感じる方もいらっしゃるのでは?

 

大丈夫です。なぜなら日焼け止めクリームは、成分が強ければいいというものではないから

むしろ、日焼け止め効果(紫外線吸収効果)の強さよりも、日焼け止めをこまめに塗ることがとても大切に。

つまり、無添加の日焼け止めクリームでも、こまめに塗ることで、しっかり紫外線から肌を守る効果をなしてくれるのです。

 

さらに中央クリニックでも処方している、飲む日焼け止め(医療用紫外線対策サプリメント)を併用することで、紫外線対策もさらに強化。

今からでも遅くない紫外線対策で、ご自身のお肌も、美しい海も、守りませんか?

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でも

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院
0120-472-331

ネットでも

ご予約・ご相談

二重・目もと

二重まぶた・目もと施術

アートメイク(眉・アイライン)