中央クリニック公式サイトhome | 公式ブログ | ちょっとくらいの雪や雨なら、傘はささない! その油断が女性の薄毛に?!

公式ブログ

公式ブログ

ちょっとくらいの雪や雨なら、傘はささない! その油断が女性の薄毛に?!

ちょっとくらいの雪や雨なら、傘はささない! その油断が女性の薄毛に?!

今年は、が多いですね…

しかも、寒い!

 

雪で地面が凍っていたり、電車が遅延したりと、何かしらのトラブルに見舞われた方も多いのではないでしょうか?

そんな雪の中、ふと思ったことがあったんですよ。

 

雪の降り始め、粉雪ぐらいでは傘を差さない方って、結構多いんですね(汗)

 

まぁ、私も学生時代なんかは、そういう時ありました。

特にスキー場に行ったときなんかは、ゲレンデからの行き帰り、駐車場からの移動や荷物の詰め込みなんかは、傘もささず、帽子もかぶらずやっていましたね。

だから、せっかく温泉に入っても、結局駐車場につくまでには、しっとり髪が濡れているなんでことも。

まさに台無し(笑)

 

しかしです。

美しい髪を維持するためには、たとえ水っぽくない雪であっても、傘をさすことをお勧めいたします。

 

■雪で濡れたままの髪の毛、注意報

こんな説を聞いたことはありますか?

「雨で髪の毛が濡れると、ハゲる説」

 

だいぶ誇張している説なのですが、まるっきり嘘というわけではないんです。

厳密に言うと、濡れたままの髪は良くない。というのが、真実。

 

これはどういうことかと言いますと、

例えば、温泉に行ったとします。

その際、髪が濡れたまま、脱衣所を去る女性を見かけることがあるのですが、実はこれも心配です。

 

というのも、髪の毛が濡れたままの状態になると、頭皮にホコリやカビといった刺激を引き寄せやすくなります。

すると当然、頭皮環境は悪くなるばかりですよね。

頭皮と言えば、髪の毛が育つ場所、いわば土壌です。

その土壌の環境が悪くなると、髪の毛への悪影響に繋がる…というのは、理解できる流れですよね。

 

そしてこれは、雪や雨に濡れたままの髪の毛にも言えることなわけです。

もちろん、雪や雨の場合、洗髪で髪を濡らすほど、広範囲が濡れるわけではありません。

時には、髪の毛の表面が濡れる程度のこともあるでしょう。

しかし、念には念を。

雪や雨に濡れるなんて、本当たまにの事ですが、備えあれば憂いなしですよね。

 

■雪の寒い風で、頭皮を冷やすことも薄毛に繋がる?

たとえ、雪や雨に濡れなくても、寒い冬、特に雪が降った時の寒い風を浴びた日は、頭皮のケアをいつもより入念にしてみてください。

 

なぜなら、頭皮の冷えも、薄毛に繋がるからです。

そもそも髪の毛は、頭皮に血液と共に流れる栄養源を元に、健やかな成長を行っています。

しかし、頭皮が冷えてしまうと、血行が悪くなり…髪に栄養源が伝わりにくくなってしまうのです。

すると、髪の健やかな成長に悪影響が出る…というわけですね。

 

そのため、頭皮はなるべく冷やさないよう、注意が必要です!

帽子をかぶるなど、外側から頭皮を守る対策をしてみてください。

 

また、どんなに帽子をかぶっていても、雪が降る日なんかは、ニット帽の毛糸が凍ってしまったり、髪の毛が凍ってしまったり…経験ありませんか?

 

そんな日は、お風呂で温まりながら、優しく頭皮マッサージをしてみてはいかがでしょう?

頭皮だけでなく、首、肩を温めることも、血行促進に繋がります。

 

ただし、今回お話した内容は、あくまで予防策です!

決して、現在進行形の薄毛に作用するものではありません。

さらに、女性の薄毛は頭皮の問題ではなく、女性ホルモンが影響しているケースが大変多いと思います。

 

そのため、「最近、抜け毛が多いな」、「分け目部分の肌が気になる」など、髪、頭皮について気になる点があれば、中央クリニックの無料カウンセリングで、ぜひお気軽にご相談くださいませ!

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でも

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院
0120-472-331

ネットでも

ご予約・ご相談

二重・目もと

二重まぶた・目もと施術

アートメイク(眉・アイライン)