中央クリニック公式サイトhome | 公式ブログ | 世界の美人に習う。「美」ルールを守る無敵攻略ポイントは、【素肌】

公式ブログ

公式ブログ

世界の美人に習う。「美」ルールを守る無敵攻略ポイントは、【素肌】

世界の美人に習う。「美」ルールを守る無敵攻略ポイントは、【素肌】

遅ればせながら。

新年、明けましておめでとうございます。

本年も変わらぬご愛顧の程、どうぞよろしくお願い致します。

 

さて、皆様、年末年始はどのようにお過ごしでしたのでしょうか?

プライベートな話で恐縮ですが、私は南国リゾートへ旅行に行きました。

そこで気になったのは・・・

 

黒いヴェールを身にまとう、ムスリム女性の美しさです!!

 

■へジャブ美人に憧れる

私が旅行先で見かけたムスリム女性の多くは、顔は見えているタイプの「へジャブ」というヴェールをかぶっている方でした。

そのため顔はしっかり見えているけれど、髪はへジャブの中に・・・

 

つまり、第一印象を左右する首から上で女性の魅力を伝えるポイントは、顔のみ。

女性を美しく見せる髪型という大事な要素はありません。

 

顔の美しさ、一本勝負。

ただし、ファッションセンスも抜群な方が多いように思いました!

宗教柄、肌を出すことはタブーなのですが、そのルールを守りながらファッションを楽しむ様子も含めて、彼女たちが美しく感じました。

 

■ムスリム女性の美しさ、そのポイントは?

では、女性である私が惹きつけられる程の、ムスリム女性の美しさのポイントとは、一体どのようなものなのでしょうか?

 

私は、「目元」だと思います。

目力ばっちりなアイメイク。

その美しすぎる目に、私は惹かれました。

 

そして、肌も美しい!!

もちろん、私が遭遇したムスリム女性は、世界中のごくわずかに過ぎません。

でも、すれ違う人、すれ違う人、肌が美しい・・・

ファンデーションでしょうか?スキンケア?

さすがに聞けませんが、宗教というルールを守りながら、美しさを維持する。

 

そういった心意気も、彼女たちの美しさを引き出しているのかもしれませんね。

 

■規律に厳しい日本の「美」ルールを攻略するには?

そしてですね、私、こういったムスリム女性の美しさのルールというのは、日本にも共通するものがあるように思うんです。

 

もちろん日本の場合、宗教や法律で容姿が制限されているわけではありません。

いいえ。日本に限らず、社会で働いている限り、「見えないルール」ってありますよね。

 

ファッションは、オフィスカジュアル。

ナチュラルメイク必須。

といったシチュエーションや、職種もあることでしょう。

 

特に日本の場合、伝統と風習を重んじる国民性がまだまだ根付いているため、目上の方と会うときは、普段よりも少し控えめなメークをした方がベターなこともあるでしょう。

 

一方でCAさんのように、赤い口紅とはっきりしたメイクが求められる職種もあります。

 

つまり、個人それぞれが持つ社会的な「美」ルールを守る必要性は、今日の日本でも少なからずあるのではないでしょうか?

 

そして、社会的な「美」ルールを守るための、無敵な攻略法を私は知っています。

 

それは・・・

素肌を美しくあることです。

 

バッチリメイクで、肌を美しく見せてもいい。

でも、ナチュラルメイクのときに、シミやそばかす、シワの存在に焦りませんか?

 

だからこそ、ご自身のコンプレックスを隠すようなメイクで美を維持するのではなく、コンプレックスを克服して、自信のある素肌で美ルールに望んでみては?

 

中央クリニックでは、シミ・そばかす・シワなど、素肌のコンプレックスに関するお悩み解決に向かう治療を多数取り扱っております。

 

まずは、無料カウンセリングで、今のお肌のお悩みと、美肌を目指す心意気を聞かせてくださいね。

心よりお待ちしております。

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でも

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院
0120-472-331

ネットでも

ご予約・ご相談

二重・目もと

二重まぶた・目もと施術

アートメイク(眉・アイライン)