中央クリニック公式サイトhome | 公式ブログ | 汗臭が悩ましい疾患は、ワキガだけではありません!知ってほしい「ちちが」の存在

公式ブログ

公式ブログ

汗臭が悩ましい疾患は、ワキガだけではありません!知ってほしい「ちちが」の存在

汗臭が悩ましい疾患は、ワキガだけではありません!知ってほしい「ちちが」の存在

沖縄はついに梅雨明けしましたね!

東京もすごい雨だと思ったら、次の日は猛暑だったりと、忙しいお天気ではありますが・・・

とにかく、もう少しで夏真っ盛りのシーズンです!!もはや、もう夏のはじまりです!

 

そこで今回は、中央クリニックにご来院の患者様が体験された「夏の苦い思い出」についてお伝えしたいと思います。

 

夏に汗をかいて、服が湿っぽい。これはよくある話かと思います。

しかし、その患者様(以下A子さん)の場合、汗をかいた後の「体臭」が気になって着替えをしたくなるような機会が何度もあったのだとか。

そのため、夏になるたび憂鬱に感じることも多かったと言います。

 

パートナーとの夏の思い出も、思いっきり楽しむことは出来なくて・・・汗だけならまだしも、体臭が心配だったというA子さんのお気持ち、お察しします。実際に汗臭が原因で、パートナーと気まずくなったという方も少なくないですからね・・・

そしてA子さんはある日、その症状について「この臭いって、わきがなのかな?」と疑い始めたそうです。しかし、ノースリーブを着ても汗をかくと臭う・・・。しかも、ワキ以外の部分から臭う気がする・・・。なぜなぜなぜ?ともやもやしながら、社会人になったことをきっかけに中央クリニックの無料カウンセリングへお越しになったとお話してくださいました。

 

さて、結論A子さんを悩ます汗臭は、一体何者だったのでしょうか?

・・・その答えは、ちちがでした。聞いたことありますか?

 

 

ちちがは、「乳首わきが」や「乳頭わきが」とも呼ばれることがあり、その名の通り乳首や乳輪が臭いの元となります。

 

でもなぜ、乳首や乳輪から臭いが発せられるのだと思いますか?

それは、わきがの発生場所:ワキの下と同じように、乳首や乳輪の周囲に「アポクリン腺」という汗腺が存在するからです。

アポクリン腺は、ワキの下や乳輪周り以外にも、陰部や肛門、耳の中などにある汗腺です。この汗腺から分泌される汗には、タンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などが含まれており、これらが臭いの元と言われています。

そのため、わきがちちが、陰部部分(アンダーヘア周辺)の臭い問題「すそわきが」も存在するわけです。
 

 

では、わきがちちがすそわきがになる人だけが、アポクリン腺を持っているのでしょうか?

いいえ、これも違います。

 

実際のところアポクリン腺は、誰にでも存在する汗腺だとされています。しかし、その大きさや数は異なるため、わきがちちがすそわきがを発症してしまう方というのは、それぞれの周辺にあるアポクリン腺が大きいか、数が多いことが原因と考えられるでしょう。

決して、臭いの根源となる部位が不潔だとか、不衛生だとかといったことが原因なわけではありません。わきがちちがすそわきがになる要素は、遺伝や体質な的なものが大きいと考えられているのです。

 

そして今回の本題となる「ちちが」ですが、最近ではこの疾患に悩む方がとても増えているように思います。なかには、ちちがわきがの両方を発症している方も多く・・・

 

これをお読みいただいた方の中にも、「私の体臭も、わきがちちがだったりして・・・」と思い当たる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

でも、絶対にあきらめないでください!

わきがちちがすそわきがは、いずれも適切な治療を行えば、改善が望める疾患です。

A子さんのように、「これって・・・?」と感じた時点で、クリニックに相談してみてくださいね。

 

中央クリニックでも、無料カウンセリングという機会をご用意して、悩める皆様をお待ちしております!ご一緒に最善の治療プランを考えましょう!

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でも

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院
0120-472-331

ネットでも

ご予約・ご相談

二重・目もと

二重まぶた・目もと施術

アートメイク(眉・アイライン)